【チーム紹介:福島県】尚志高校

チームの特色

東北を代表する福島の新鋭校
  尚志高校は東北地方を代表するサッカーの名門校だ。昭和39年に日本初の女子工業「女子工業高校として創立。昭和49年には、地域の要望に応え普通科を設立、平成2年には普通科特別進学コースに男子を受け入れ、平成9年には普通科全体に男子へ門戸を開き、男女共学校となった。この年に現在の仲村浩二監督が就任した。9年後の平成18年、初の選手権出場を決めた。3回目の出場となった平成21年の選手権では広島観音、平成22年度は関大一に1-0で敗れ、共にベスト16に終わったが、強豪校とも互角にやれる感触をつかんだ。
 この年から始まったプレミアリーグイーストにもプリンスリーグ東北を勝ち抜いて参戦。東日本大震災の影響で、満足に練習もできない状況ながら参戦し、残念ながら最下位となったが、東日本の強豪Jユースや高校とも真剣なリーグ戦を経験した。平成23年の高校選手権では快進撃を続け、福島県勢初めてのベスト4進出、国立に芝を踏む結果となった。現在はプリンスリーグ東北で上位をキープ。インターハイでは5年連続で出場、平成23年にベスト8、平成26年にはベスト16に進出、東北を代表する名門校として安定した成績を残している。

仲村浩二監督の褒めて伸ばすチーム作り
 尚志の監督と言えば、仲村浩二監督の存在抜きでは語れない。仲村監督は高校時代、名門の習志野高校のMFで、高校生ながらバルセロナオリンピック代表候補に選ばれ、当時のJリーグ横浜フリューゲルスにも声をかけられた逸材であった。順天堂大学でもサッカーを続けると同時に、教職員免許も取得。卒業後は当時JFLの福島FCに所属し、2年目にはプロ契約を結んだ。
 しかしチームは不況の影響を受けまさかの解散、仲村監督も地元千葉に帰ることを考えていた。この時、男女共学となり、サッカーを強化しようとしていた尚志高校に声をかけられ、監督に就任した。
最初は2年生5名でサッカー経験者1名と選手が全く集まらない状況からのスタートだったが、学校の協力もあって、積極的に選手を集め3年目で新人戦に優勝したり、東北大会で3位になった。しかしその後、高校総体と選手権には中々出場できなかった。流通経済大学柏の本田監督や、盛岡商業の齋藤元監督からの話を聞き、選手の教育面を大切にし、これまでの厳しく叱咤激励する指導方法から褒めて伸ばす指導にスタイルを変え、就任9年目で初めての選手権出場を果たした。

【次ページ】東日本大震災を乗り越えて選手権ベスト4

1

2

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします