高円宮杯U-18プレミアリーグは5月10日(日)に、WEST第6節を開催します。
2連勝中のヴィッセル神戸U-18(兵庫)は、いまだ勝ち星がなく不調に苦しむ名古屋グランパスU18(愛知)と対戦します。両者にとってポイントとなるのが攻撃陣の出来。神戸は「3人目の動きからゴールを奪う形が大事になるので、精度を上げていきたい」(藤谷壮選手)、名古屋は森晃太選手が「ショートパスをつなぎ、みんなで相手を崩したい」と意気込みます。どちらの攻撃が上回るか目が離せません。



記事を読むボタンを押すとタイトルの記事のページへリンクします。
サカスタU18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る