【高校選手権】岩手県代表盛岡中央 全国高校駅伝・全国高校サッカー:全国で健闘誓う 県庁を訪問

男子第63回、女子第24回全国高校駅伝競走大会に出場する一関学院(男子)と盛岡女子(女子)、第91回全国高校サッカー選手権大会に出場する盛岡中央の主将らが6日、県庁を訪れ、八重樫勝教育委員長に全国大会での健闘を誓った。

一関学院の畠山泰成主将(3年)は「本番まで残りわずかだが、日々の練習を大切にして、入賞を目指す」と抱負を述べた。盛岡女子の堀口桃子主将(同)は来年度から共学になり校名が変わるため、「今年は盛岡女子として最後の大会になる。悔いのないように力を出し切りたい」と活躍を誓った。盛岡中央の下村亮主将(同)は「初の全国大会なので、チャレンジャー精神を持って一試合でも多く戦いたい」と話した。

【毎日jp】

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る