2015サニックス杯 大会を盛り上げ印象に残った選手

2015サニックス杯はU-17韓国代表の優勝で幕を閉じました。この大会の見所は、今年の強豪校の選手を確認する大会でもある。昨年は東福岡の増山が一躍有名となったが、今年も素晴らしい選手がたくさん躍動していた。サカスタでは、既に知名度のある選手から、これから活躍の期待できる選手まで、印象に残った選手を紹介します。

GK GK
IMG_5721 IMG_1080
青森山田 廣末 陸(新2年) U-17日本代表 井上 聖也(新2年) 
昨年から名門青森山田のゴールマウスに君臨。勇気のある飛び出しで最終ラインのスペースをカバー。クロスボール、シュートの反応も素晴らしかった。課題だったキックの精度も向上している。 セレッソ大阪U-18に所属。今大会では安定感のあるプレーでチームの3位に貢献した。予選リーグの国見戦は後半の決定機を落ち着いて防ぎ、3位決定戦ではPKストップと本人にとっては自信をつけた大会になったはずだ。
DF MF
IMG_1446 IMG_8907
国見 菅田 真啓(3年) 大分U-18 岩田(3年) 
古豪の躍進を支える長身CB。182cmの長身を活かした競り合いの強さに加え、ポジショニングの良さでU-17 日本代表を1点に抑えた。今年こそ長崎総科大の壁を崩せるか注目だ。 今年からプレミアリーグで戦う大分の大黒柱、昨年のセンターバックから今年はボランチを勤める。ボールキープ力と守備力、機を見た攻撃参加とオールラウンドな能力を発揮する。
DF DF
IMG_9265 IMG_5507
前橋育英 外林 樹(新3年) 青森山田 北城 俊幸(新3年)
選手権準優勝のメンバーがごっぞり抜けた前橋育英だが、今年も好選手を多数擁する。中でも気になったのは左SBの外林。速いターンと相手のタイミングを崩したドリブルは目を引いた。守備力が上がれば、もっと面白い選手になるはずだ。 今年の青森山田の主将。攻守に安定した力を持っている。特筆するのはラインコントロールで、準決勝のU-17日本代表戦でもコーチングで味方を鼓舞しながら、高いディフェンスラインを保ち、完封勝利に貢献した。
MF MF
IMG_4447 IMG_0479
東福岡 田尻 京太郎(新2年) 三菱養和 松井 輝純(新3年)
昨年、高校総体を制した東福岡の右サイドの攻撃MF。ワイドにポジションを取り、ボールを持つと得意のドリブルとスピードのあるクロスでチャンスを演出する。

今年の三菱養和の10番はこの小柄なテクニシャンが背負う。158cmで小柄だが、スピード、技術の高さ、運動量、強烈なシュートとすべての能力で高レベルを誇る。相手チームにとっては嫌な選手になるはずだ。

MF MF
IMG_1526 IMG_5922
国見 清光 脩帆(新3年) 青森山田 豊島 祐希(新3年)
九州大会準優勝で久しぶりの好成績を残した国見の大黒柱。U-17日本代表戦では、複数の相手に囲まれながら高い技術でボールをキープし、前線へ好パスを供給し続けた。 昨年は青森山田セカンドを主戦場にしていた右の攻撃的MF。その魅力は178cmと長身ながら瞬発力を活かしたスピードで右サイドからチャンスを作る。まだ戦術的にはチームにフィットしていない分、伸びしろは十分期待できる。
FW FW
IMG_9878 IMG_5841
三菱養和 森田 大喜(新2年) 青森山田 神谷 優太(新3年)
4位の三菱養和で注目したのはFWの森田。ワントップでは、何度も動き直しながら相手のスペースに入り込み、サイドや降りてきてのボールを受ける動きの質の高さはトップクラスだ。チームではレギュラーではないようだが、今後がとても楽しみな選手の1人だ。 今年の1月に東京ヴェルディユースから青森山田へ転校し攻撃的MF。高い技術とドリブルでチームのアクセントになっていた。決勝の韓国代表との試合後、人目をはばからず涙を流して悔しがった姿に、彼の決意を感じた。
FW FW
IMG_3264 IMG_2277
U-17日本代表 伊藤 遼太郎(新3年) 立正大湘南 杉本 龍哉(新3年)
Jユースの技術の高い選手が揃うU-17日本代表。その中で、高い技術とスピードあるドリブルで、攻撃にアクセントをつけたのが伊藤だ。1対1で相手に仕掛ける姿は高体連だから磨かれる個性だ。 中国大会優勝した立正大淞南のFW。豊富な運動量を活かしたプレスと勢いのあるドリブルは準決勝で対戦した韓国代表のDFもやりづらそうにしていた。PKを取った時の表情には気持ちが入っていた。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る