【プレミアリーグ参入決定戦】桐光学園 vs ジュビロ磐田

コーナーキック、ゴール前で白熱した争いが続く CBの小松、小柄だが、ボジショニングで堅守に貢献 U18代表の経験もあるCB諸石、クレバーなラインコントロールで勝利に貢献 先制ゴールを決めた野路。素早い動き出しで相手DFを苦しめた 素早い豊富な運動量で前線からプレッシャーをかけた市森 落ち着いたボールさばきで攻撃を牽引した金原 ボランチで効果的なボール配給した多田 確かな技術を披露した松井、プレッシングでも強さを見せた 右サイドから効果的なオーバーラップでサイドが活性化させた橋本 1失点したものの、この日の好セーブ長津

最後のプレーでゴール前まで上がった牲川。この悔しさはJの部隊で晴らす。 勝った桐光学園は17日、北海道大谷室蘭とプリンス参入をかけて戦う 決定的なチャンスを逃した宮村、次のステージでの活躍を期待 ジュビロ磐田U18は2年連続で参入戦敗退


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る