市立船橋

チームの特色

高校選手権優勝5回、インターハイ優勝7回を誇る高校サッカー界の名門校。昭和58年に布啓一郎氏が監督に就任すると、急速に力を付け、選手権に初出場を果たすと、翌年からインターハイを初出場で2連覇するなど、高校サッカー界に旋風を巻き起こした。選手権は優勝4回、インターハイでは5回優勝。そのサッカーは絶対的な守備力とセットプレーを得意としており、守備陣を中心にタレントを輩出した。2002年石渡靖之監督にバトンタッチ、インターハイと全日本ユースを1回制し、イチフナの存在を確固たるものとした。石渡監督は選手の自主性に合わせたサッカーを展開、MFからFWの選手育成に定評があった。そして、2011年選手権初優勝のメンバーだった浅岡氏が監督が就任すると、選手権でいきなりの優勝。その守備力の強さから、布監督時代の再来と言われている。

チーム情報

住所〒277-0083 千葉県船橋市市場4-5-1

監督 浅岡 隆蔵
所属リーグ プリンスリーグ関東
サイトURL 市立船橋高校サッカー部ホームページ

主要大会成績

高校選手権 出場22回 優勝7回(87,88,98,01,07,08,11)
インターハイ 出場18回 優勝5回(94,96,99,02,11)
高円宮杯
全日本ユース
プリンスリーグ関東優勝2回(03,07)

2012成績

高校選手権

インターハイ 千葉県予選ベスト4
高円宮杯


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る