【高校選手権】得点王2人!胸張れ京都橘

全国高校サッカー選手権決勝(19日、鵬翔2-2京都橘=PK5-3、国立競技場)鵬翔(宮崎)が京都橘(京都)に2度もリードされながら追いつく驚異の粘りを発揮。大会最多となる4度目のPK戦を制し、宮崎県勢では初の頂点に立った。京都橘は後半19分に勝ち越しの2点目を決めたFW仙頭啓矢(3年)がPK戦で右ポストにあてる痛恨の失敗。FW小屋松知哉(2年)とともに大会5得点で得点王に輝きながら、涙をのんだ。

 涙が止まらなかった。歓喜に沸く鵬翔イレブンの横で、初Vを逃した京都橘のFW仙頭は崩れ落ちた。

 「ここまで支えてくれた人たちのためにも勝ちたかった。PKを外してしまい、悔しい気持ちしかありません」

 2-2から延長でも決着がつかずに突入したPK戦。1人目を任され、「蹴る前に決めていた」というゴール右に目がけて右足を振り抜いたが、ボールはポストに弾かれた。それでも存在感は際立っていた。放ったシュートは両チーム最多の9本。後半19分にはチームメートのFW小屋松に並ぶ今大会5ゴール目を決め、得点王に輝いた。

 卒業後は東洋大に進学する。「このミスを取り返すためには活躍しないといけない。プロになっていろんな人に恩返ししたい」と気持ちを切り替えた

【サンスポ】



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る