【チーム紹介:群馬県】前橋育英高校

上州のタイガーブラック集団

 前橋育英高校は黄色と黒の縦縞の伝統あるユニフォームにちなんでこう呼ばれている。 群馬県前橋市にある男女共学の私立高で生徒数は約1,400名。昭和37年に男子校として開校。昭和46年年に保育科(女子)を設置し共学校となった。昭和51年には体育科を設立しスポーツに力を入れるようになる。陸上部や平成25年には夏の甲子園では初出場で初優勝した野球部などスポーツの盛んな高校として知られている。

 サッカー部は昭和39年に創部、昭和61年に選手権に初出場、それ以降はそれまで群馬の高校サッカーを引っ張ってきた前橋商と競り合いながらも合計18回、選手権に出場している。選手権出場当初は勝てない状況が続いたが、7回目の出場となった75回大会では優勝した市立船橋に敗れたが、初めてのベスト8進出を果たした。77回大会、78回大会では、松下、茂原、青木を擁して2年連続のベスト4進出。

 その後、目立った成績はなかったが、平成20年の高校選手権では、FW皆川を中心とした攻撃サッカーで4度目のベスト4、翌平成21年に高校総体で初優勝、全国大会で初の優勝を成し遂げた。平成26年は、高校総体でベスト4、選手権の93回大会では、5度目の挑戦でベスト4の壁を越えて初の決勝進出を果たしたが、決勝では星稜高校に逆転され準優勝に終わったが、全国トップレベルであることを証明した。

93回の高校選手権では、初めて決勝へ進出し準優勝。

93回の高校選手権では、初めて決勝へ進出し準優勝。

山田耕介監督の指導力

 前橋育英の躍進には山田耕介監督の存在が欠かせない。長崎県出身の山田監督は高校時代、島原商時代に後に国見高校jを率いて何度も全国優勝に導いた小嶺忠雄監督の元、昭和52年の高校総体では全国優勝、高校選手権にも3年連続で出場を果たす。卒業後は法政大学へ進学、サッカーをしながら地元長崎で教員になる予定だった。

 しかし、採用試験と総理大臣杯の決勝の日程が重なり、サッカーを選んだ山田監督は、地元での教員を諦め、知人の誘いを受け、前橋育英へ就職。昭和57年にサッカー部の監督に就任した。昭和61年に高校選手権を果たし、平成26年まで、選手権出場18回、ベスト4が4回、準優勝2回と素晴らしい成績を収めている。

 監督就任当初は、守備を固めて、ロングボールを多用するサッカーだったが、オランダのアヤックスのサッカーを学び、現在の技術とパスワークを重視したサッカーへスタイルが大きく変わっていった。どちらかと言えば、選手の長所を見抜き、長所を伸ばす指導には定評がある。フォワードだった山口素弘や松田直樹ら、後に日本代表としてワールドカップに出場する選手をMFやDFにコンバートさせ、現在ドイツで活躍する細貝も、ゲームメイクよりもボール奪取能力に目を付けるなど、確かな手腕を発揮し、たくさんのJリーガーを輩出している。

前橋育英を高校サッカー界屈指の名門に育て上げた山田耕介監督

前橋育英を高校サッカー界屈指の名門に育て上げた山田耕介監督

ボランチを起点とした攻撃サッカー

 基本的には4-4-2のフォーメーションで中盤はボックス型で、2枚のボランチを置き、ボール奪取時からボランチを起点にパスを長短のパスで攻撃を組み立てていく。選手間の距離間を一定に保たれているため、ショートパスがつながる。攻撃的MFはパス能力とドリブルの技術が高く、サイドバックもオーバーラップして積極的に攻撃参加し、サイドでも数的優位な状況を作っていく。

 一方で、近年は3バックも採用し、前線も3トップにしたり、ショートパスだけでなく、最終ラインからのロングフィードで局面を代えるなど、選手に合わせて多様な戦術を取るようになっている。

基本技術の高い選手が多く揃っており、戦術理解にも長けている。

基本技術の高い選手が多く揃っており、戦術理解にも長けている。

7つのカテゴリーで選手のレベルに合わせた指導

 部員171名が所属するチームは7つのカテゴリーに分かれており、トップチームはJユースの強豪をひしめくプリンスリーグ関東に所属しており、2年連続で3位以内に入り、プレミアリーグ参入戦に出場するなど、リーグ戦でも抜群の強さを誇っている。Bチームが群馬県リーグ1部で上位、2部にはCチーム、3部にはDチームが入っており、部員全体のレベルが高いことを証明している。

 また、トップチームを中心に見ている山田監督だが、下のカテゴリーの試合にも目を光らせ、いいと思った選手は、カテゴリーを飛び越してトップチームに上げることもあるという。

エースナンバー「14」

 山田監督が選手時代に背負ったいた背番号が14であり、松田直樹、鹿島の青木剛や小島秀仁など、その年のエースを背負う番号として今でも継承されている。

93回の選手権ではu19日本代表の鈴木徳真(現筑波大)を背負っていた

93回の選手権ではu19日本代表の鈴木徳真(現筑波大)を背負っていた

選手の出身クラブ

 たくさんのJリーガーを輩出した実績と目指すサッカーに憧れ、関東地区を中心に様々な選手が集まる。地元では前橋FC、埼玉ではクマガヤサッカークラブなどの街クラブからFC東京や横浜FMジュニアユースなどのJクラブ出身も多数在籍しており、バライティ豊かな選手が揃っている。

■93回高校サッカー選手権登録メンバー(準優勝)
1 GK 吉田 舜 3 1996/11/28 183 73 クマガヤサッカースポーツクラブ
2 DF 下山 峻登 3 1996/11/09 175 65 クマガヤサッカースポーツクラブ
3 DF 岩 浩平 3 1996/07/21 175 65 横浜F・マリノスジュニアユース追浜
4 DF 宮本 鉄平 3 1996/12/26 184 74 前橋FC
5 DF 河西 真 3 1996/06/21 179 68 クマガヤサッカースポーツクラブ
6 DF 渡辺 星夢 3 1996/04/20 175 65 クマガヤサッカースポーツクラブ
7 FW 菊地 匡亮 3 1997/01/15 181 72 FCエルマーノ那須
8 MF 小泉 佳穂 3 1996/10/05 168 60 FC東京U‐15むさし
9 FW 青柳 燎汰 3 1996/06/23 180 70 クマガヤサッカースポーツクラブ
10 MF 渡邊 凌磨 3 1996/10/02 176 66 クラブ レジェンド熊谷
11 FW 坂元 達裕 3 1996/10/22 167 58 FC東京U‐15むさし
12 GK 山岸 健太 2 1997/08/23 184 73 FC小松
13 MF 吉永 大志 3 1996/10/14 174 61 JFAアカデミー福島
14 MF 鈴木 徳真(C) 3 1997/03/12 168 63 FC古河ジュニアユース
15 FW 関戸 裕希 3 1996/07/25 169 62 ヴェルディSS小山
16 DF 上原 大雅 3 1996/05/16 176 67 FC厚木ジュニアユースDREAMS
17 DF 岡村 大八 3 1997/02/15 180 71 FC HORTENCIA
18 FW 上地 英喜 3 1996/07/08 172 62 大泉FC U‐15
19 MF 金子 拓郎 2 1997/07/30 178 68 クマガヤサッカースポーツクラブ
20 MF 尾ノ上 幸生 2 1998/01/17 170 62 NPO法人アリアンテ 東京・久留米FC U‐15
21 GK 辻岡 大輝 3 1996/05/23 176 66 ドルフィンFC
22 DF 外林 樹 2 1997/06/09 172 62 JFAアカデミー福島
23 MF 横澤 航平 2 1997/06/01 165 58 前橋FC
24 FW 野口 竜彦 2 1997/11/20 175 65 高槻FCジュニアユース
25 FW 佐藤 誠司 2 1998/03/04 174 64 FC東京U‐15むさし
26 FW 宮本 裕大 3 1997/03/10 172 62 WERDER KING
27 FW ノブレ ガブリエル 源 3 1997/03/17 174 65 大泉FC U‐15
28 MF 川村 真央 3 1996/06/21 173 63 前橋FC
29 MF 横山 和輝 3 1996/10/18 168 60 F.C.CEDAC
30 MF 高橋 英暉 2 1997/09/17 168 60 FC東京U‐15むさし

人工芝のグラウンド

学校から自転車で15分ほどにナイター設備の付いたの高崎グラウンドと呼ばれる立派な練習場を所有しており、プリンスリーグなどの公式戦、J2ザスパ群馬の練習場などにも利用されている。

人工芝のグラウンドで練習。

人工芝のグラウンドで練習

サッカー部専用の寮と食堂を完備

 専用の寮を完備しており、部員171名の内、115名程度が寮生活を送っている。部屋は6人部屋で、各学年2名ずつの部屋割りとなっている。洗濯も先輩後輩関係なく自分たちで実施している。山田監督も5年前から同じ寮に住んでおり、選手の生活面でのフォローも欠かしていない。

前橋育英サッカー部専用の寮

1部屋6人で各学年2名の部屋割りとなっている

以前は一般客向けの食堂だったが、現在は前橋育英サッカー部専用の食堂になっている

選手は朝と夜でみよしやで食事を取る

多くのJリーガー・海外で活躍プロサッカー選手

前橋育英は多くのJリーガーを輩出している。古くは日本代表で活躍したボランチ山口素弘、同じ日本代表とし横浜Fマリノスの黄金時代を支えた松田直樹、現在はドイツで活躍する細貝萌など多数の選手を輩出する。

横山翔平 ザスパクサツ群馬
小島秀仁 浦和レッドダイヤモンズ
小牟田洋佑 ザスパクサツ群馬
川岸祐輔 ザスパクサツ群馬
北爪健吾 ジェフユナイテッド市原・千葉
代田敦資 V・ファーレン長崎
皆川佑介 サンフレッチェ広島F.C
中美慶哉 栃木SC
三浦雄介 横浜スポーツ&カルチャークラブ
佐藤穣 ウズベク・リーグ FCブニョドコル
六平光成 清水エスパルス
北原毅之 SC相模原
青木拓矢 浦和レッドダイヤモンズ
廣瀬智靖 徳島ヴォルティス
岩沼俊介 松本山雅FC
黄大俊 引退 現役時はザスパクサツ群馬などに所属
田中亜土夢 フィンランド・ヴェイッカウスリーガ HJKヘルシンキ
反町一輝 引退
後藤涼 引退 現役時はザスパクサツ群馬などに所属
伊藤拓真 ラインメール青森
吉澤正悟 引退
青山直晃 タイ・プレミアリーグ ムアントン・ユナイテッド
細貝萌 ブンデスリーガ ヘルタ・ベルリン
関憲太郎 ベガルタ仙台
常澤聡 FC岐阜
小泉訓 徳島ヴォルティス 引退
武田英明 引退
石亀晃 引退
小林竜樹 ザスパクサツ群馬
廣井友信 ツエーゲン金沢
森賢一 引退
小暮直樹 引退
吉田正樹 東京23FC
佐田聡太郎 引退
相川進也 引退
岡本勇輝 引退
里見仁義 引退
坪内秀介 ジュビロ磐田
大谷昌司 引退
大谷圭志 引退
須田剛史 引退
青木剛 鹿島アントラーズ
松下裕樹 ザスパクサツ群馬
岩丸史也 引退 現役時は横浜FCなどに所属
茂原岳人 引退
佐藤正美 引退
小林卓也 引退
小久保純 引退
大島秀夫 ギラヴァンツ北九州
松田直樹 引退(現役活躍中に死去) 現役時は横浜マリノスなどに所属
上村祐司 引退
山口素弘 引退 現役時は横浜フリューゲルスなどに所属

前橋育英高校に関するニュース

前橋育英高校のニュース一覧

前橋育英高校に関するYahoo知恵袋

[chiebukuro_search keyword=’前橋育英 サッカー’ results=’10’ charnum=’4′]


グラウンド、寮、食堂の写真はアスリートの輝石の一部映像を使用

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る