プレミアリーグ参入戦の出場枠が16に拡大

 ゲキサカによると、高円宮杯U-18サッカーリーグ プレミアリーグは、昇格4チームを争う参入決定戦で大きな変更となることが決まった。プレミアリーグ参入決定戦は昨年まで全国9地域のプリンスリーグ勝者 のみが参加していたが、2014年シーズンのプレミアリーグ参加チームを争う今年の参入決定戦(1回戦:12月14日、2回戦:12月16日)は16チー ムが参加することが決定。16チームが4ブロックに分かれてトーナメント戦を行い、それぞれのブロックの優勝チームが2014年のプレミアリーグに昇格す る。

この大会はU-18の日本の最高峰のレベルということで始まって、(参入戦の出場チームが)9チームということだと強い地域のチームからなかなか参入でき ない弊害がある。より高いレベルのチーム、高いレベルの地域からプレミアリーグに参入できることで決めました」と説明した。

出場枠は2種連盟大会における2012年度の高円宮杯プリンスリーグ各地域1部出場チームの成績ポイントによって算出され、北海道1、東北2、関東3、北 信越2、東海2、関西3、中国1、四国1、九州1に決定。そのため、プリンスリーグ関東1部3位チームやプリンスリーグ関西1部3位チームも参入戦を勝ち 抜けば(どのチームも昇格のためには2勝が必要)、14年のプレミアリーグへ昇格することができる。

ゲキサカ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る