【高校総体佐賀県予選】佐賀商が16年ぶりの全国総体へ

平成25年度全国高校総体「2013 未来をつなぐ 北部九州総体」サッカー競技佐賀県予選は4日、決勝を行い、佐賀学園に1-0で勝った佐賀商が97年以来16年ぶり16回目の全国総体出場を決めた。

 全国高校選手権で2試合連続ロスタイム決勝弾によって勝利している佐賀商が、またもや劇的な勝利を飾った。0-0のまま迎えた後半終了間際、佐賀商はMF陣内祐亮のFKのこぼれ球に反応したDF岩崎秀俊が決勝ゴール。この1点によって16年ぶりとなる全国切符を獲得した。

【佐賀】
[決勝]
佐賀商 1-0 佐賀学園

[準決勝]
佐賀東 1-2 佐賀学園
佐賀北 0-0(PK4-5)佐賀商

[準々決勝]
佐賀東 4-1(延長)鳥栖
佐賀学園 2-0 致遠館
佐賀北 2-1 唐津商
唐津工 1-4 佐賀商

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る