第37回adidas cup 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)は3日目、グループリーグ最終戦が行われた。A組ではジュビロ磐田U18鹿島アントラーズユースに2-2で引き分け、勝ち点5で首位、2位は3引き分けの京都サンガU18が得失点差で三菱養和を振り切り2位となった。B組では、昨年の準優勝横浜FMユースは札幌U18に1-2で敗れ、共に勝ち点6並んだが、総得点で上回り、首位で通過、札幌U18は2位、札幌を勝利するなど、健闘した仙台ユースが3位での通過となった。死の組Cグループh、東京ヴェルディユースが、セレッソ大阪U18に1-1で引き分け、1位通過、昨年の覇者柏レイソルU18は福岡U18に0-1で敗れ3位での通過となった。勝った福岡U18が2位となった。D組では、清水ユースが唯一の3連勝、2位は不安定ながら、神戸U18との直接対決で勝利し、連勝した大宮ユースが滑り込んだ。E組は愛媛FCユースに大勝した浦和ユースが2勝1敗で1位通過、ガンバ大阪ユースは鳥取ユースとまさかの引き分けで2位通過、1勝1敗1引き分けと健闘した愛媛FCユースが3位通過となった。F組は、山形ユースが2勝1分けで首位通過、2位は昨年のベスト4、広島ユース、3位は粘り強い甲府U18に決定、1決勝ラウンドに進む16チームが決定した。今日中に、組み合わせ抽選を行われ、16チームによる決勝トーナメントが行われる。

■決勝トーナメント進出チーム

A組:ジュビロ磐田U18、京都サンガU18

B組:横浜FMユース、コンアドーレ札幌U18、ベガルタ仙台ユース

C組:東京ヴェルディユース、アビスパ福岡U18、柏レイソルU18

D組:清水エスパレスユース、大宮アルティージャユース

E組:浦和レッズユースガンバ大阪ユース、愛媛FCユース

F組:モンテディオ山形ユースサンフレッチェ広島ユース、ヴァンフォーレ甲府U18

 

No. 日程 時間 会場 対戦カード
25
13/07/28(日)
09:00
前橋総合
ジュビロ磐田
1-1
26
13/07/28(日)
09:00
県立敷島
鹿島アントラーズ
2-2
京都サンガ
No. 日程 時間 会場 対戦カード
27
13/07/28(日)
09:00
宮城総合
横浜F・マリノス
1-2
コンサドーレ札幌
28
13/07/28(日)
09:00
下増田
ベガルタ仙台
1-1
ジェフユナイテッド市原・千葉
No. 日程 時間 会場 対戦カード
29
13/07/28(日)
11:30
前橋総合
アビスパ福岡
1-0
柏レイソル
30
13/07/28(日)
11:30
県立敷島
東京ヴェルディ
1-1
セレッソ大阪
No. 日程 時間 会場 対戦カード
31
13/07/28(日)
11:30
下増田
ヴィッセル神戸
0-3
大宮アルディージャ
32
13/07/28(日)
11:30
宮城総合
清水エスパルス
1-0
ロアッソ熊本
No. 日程 時間 会場 対戦カード
33
13/07/28(日)
09:00
敷島補助
浦和レッズ
4-1
愛媛FC
34
13/07/28(日)
09:00
NTT図南
ガイナーレ鳥取
0-0
ガンバ大阪
No. 日程 時間 会場 対戦カード
35
13/07/28(日)
09:00
石関公園
サンフレッチェ広島
1-1
ヴァンフォーレ甲府
36
13/07/28(日)
09:00
富士見総合
カターレ富山
1-2
モンテディオ山形


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る