【U18日本代表】2013SBSカップ国際ユースサッカー第1戦 U-18ウルグアイ代表に勝利

SBS杯国際ユースサッカー大会が15日に藤枝総合運動公園サッカー場で開幕し、U-18日本代表は2-0でU-18ウルグアイ代表を下した。前日14日には両国のフル代表が宮城スタジアムで対戦して日本が2-4で敗れたが、弟分が敵討ちを果たした。ただし、日本は10月8日に開幕するAFC U-19選手権予選(2015年にニュージーランドで開催されるU-20W杯のアジア1次予選)に臨むチームで、対するウルグアイは今秋にU-17W杯に出場する1歳年下のメンバー構成で今大会に臨んでいる。大会初戦は、年上の日本がきっちりと力を見せつける格好となった。

 

2013 SBSカップ 国際ユースサッカー
2013年8月15日(木) 16:00 kick off(日本時間) 40分ハーフ
藤枝総合運動公園サッカー場(静岡/藤枝市)

U-18日本代表 2-0(前半 2-0、後半 0-0) U-18ウルグアイ代表

【得点者】
26分 金子 翔太(日本)
29分 関根 貴大(日本)

【スターティングメンバー】
GK:高木和 徹
DF:広瀬 陸斗、内山 裕貴、三浦 弦太、尾身 俊哉
MF:関根 貴大、川辺 駿、松本 昌也、望月 嶺臣、金子 翔太
FW:越智 大和

【サブメンバー】
GK:田口 潤人
DF:ハーフナー・ニッキ、北谷 史孝
MF:小川 直毅、田村 翔太
FW:宮市 剛、北川 柊斗

【交代】
50分 川辺 駿 → 北川 柊斗
58分 越智 大和 → 宮市 剛
72分 関根 貴大 → 小川 直毅
78分 金子 翔太 → 田村 翔太

監督・選手コメント

鈴木 政一監督
この大会は結果と内容にこだわってプレーしてほしいと選手に伝えました。そして今日の初戦では、結果は2-0で勝利でき良かったと思っています。しかし、内容については、まだまだ修正しなければいけない点があるので、明日のロシア戦で改善できるように対応していきたいと思います。

高木和 徹選手(清水エスパルスユース)
今日の試合は無失点で終えることができ、勝利できて良かったです。フィールドのみんなが頑張ってくれていたので、自分自身もゴールを奪われないようにプレーしました。前半の早い段階で相手のシュートを止めることができたので、そこでプレーに自信を持つことができました。大会を通じて無失点で終えられるように明日の試合も頑張ります。

金子 翔太選手(JFAアカデミー福島)
得点については、味方とのコンビネーションで、普段の練習で行っていたことがそのまま出たゴールでした。今日の試合に勝つことができたのは嬉しかったですが、内容としてはもっと点差を付けなければいけない試合だったと思うので、そこは反省し明日の試合につなげていきたいと思います。チームとしては、良い雰囲気でできていると思いますが、個々でもっと成長していかなければならないと思うので、個人としても組織としてもレベルが上がるように頑張っていきたいと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る