【第92回選手権和歌山県予選】初芝橋本と和歌山北に新人戦優勝の桐蔭と近大和歌山が絡む展開か

第92回全国高等学校サッカー選手権大会都道府県予選

 第92回全国高校サッカー選手権大会和歌山県予選は10月26日に31校による決勝トーナメントが開幕する。和歌山県は激戦だ。その中で高校総体出場の和歌山北が優勝候補筆頭だ。高校総体予選無失点の守備力と奪ったボールを効果的に点に結びつける攻撃に注目だ。対抗はその高校総体予選準優勝の初芝橋本だ。両校は3回対戦しており、総体予選決勝は、和歌山北が1-0で勝利、直後のプリンスリーグ関西2部では、初芝橋本が4-0と大勝している。しかし、9月に行われた対戦は3-1で和歌山北が勝利している。この両チームは順当にいけば決勝で4回目の対戦が見られるが、どちらが勝つか予想するのは難しい。

 そして、この2強には劣らない実力を持っているのが、今年創立30年を迎え、和歌山県内初の人工芝グラウンドを導入した近大和歌山だ。チームは新人戦、高校総体の予選は8強止まりだが、プリンスリーグ関西2部では、初芝橋本に1勝1分け、和歌山北には1勝1敗と互角の試合を演じている。その他にも、新人優勝の桐蔭も控えており、どこが優勝してもおかしくない展開になりそうだ。決勝は11月16日に紀三井寺公園陸上競技場に行われる。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る