【第92回選手権宮崎県予選】日章学園が2年ぶりに10度目の全国へ!

第92回全国高等学校サッカー選手権大会都道府県予選

 第92回全国高校サッカー選手権大会宮崎県予選は決勝が3日、宮崎市の県総合運動公園で行われ、日章学園が都城工を4―1で破って優勝した。日章学園の優勝は2年ぶり10回目。県代表として、12月30日から東京の国立競技場などで始まる全国大会に出場する。

 日章学園はキックオフ直後、1点を先制されたが、FW村田航一が前半39分、ドリブルからシュートを放ち、同点に追いついた。後半は中盤を支配し、DF岩切龍二のヘディングや村田が2点目のゴールを決めるなどして引き離した。

 都城工は前半7分、相手守備陣のミスを突いてFW茶木和樹が1点を先取。逆転されると、攻撃を手厚くするなどして果敢に攻め込んだが、相手の守りを崩せなかった。

 日章学園の早稲田一男監督は「後半は非常に落ち着いてプレーすることができた。全国大会では両サイドから仕掛けるなどして、人とボールが素早く動く攻めのサッカーを展開し、上位を狙いたい」と話していた。

昨年全国制覇の鵬翔を倒しての優勝!

宮崎県といえば、昨年全国制覇した鵬翔が有名だ。それまで5年連続で全国大会に出場しており、実績で上回っていたが、鵬翔の優勝で、自分たちもできるという自信が出てきた。プリンスリーグ九州1部でも、強豪のいる中、6位と健闘している。そして、今大会の準決勝では、今年初めて公式戦と鵬翔と当たり、2−2の同点からPK戦までもつれ込む熱戦となり、競り勝った。全国でも注目される存在となる。

【決勝】

日章学園4−1都城工

【準決勝】

日章学園2-2(PK4-3)鵬翔
延岡工0-3都城工

【準々決勝】

日章学園2-1宮崎日大
鵬翔5-0宮崎西
延岡工1-0都城
都城工2-0日向

【3回戦】

宮崎西3-2(延長)宮崎工業
延岡工業3-0高鍋農業
日章学園5-0小林秀峰
都城工業4-0延岡星雲
鵬翔12-0高千穂
都城1-1PK4-3宮崎南
日向3-0都城高専
宮崎日大4-1都城西

【2回戦】

小林秀峰4-0小林
都城西1-0ウルスラ
日向4-2延岡学園
宮崎南2-1宮崎北
延岡星雲11-0日向学院
都城工業6-0宮崎農業
宮崎日大2-2PK6-5日南学園
都城高専1-1PK4-3延岡
高千穂3-0西都商業
鵬翔9-2日向工業
宮崎西3-1妻
高鍋農業18-0飯野
延岡工業2-0都城泉ヶ丘
日章学園17-0福島
都城4-0都城農業
宮崎工業1-0宮崎大宮

【1回戦】

日向3-0門川
延岡星雲3-1日向学院
都城東2-2PK4-3都農
ウルスラ1-0本庄
宮崎北6-0日南
宮崎南2-0佐土原
高鍋農業1-0高鍋
宮崎工業4-0延岡商業
西都商業1-1PK4-1宮崎商業
高千穂2-0富島
小林5-0宮崎海洋
小林秀峰3-2日南振徳
都城西2-0宮崎第一

◆高校選手権宮崎県予選に関する記事

【第92回選手権宮崎県予選】王者鵬翔、日章学園にPKで敗れ連覇ならず!

【第92回選手権宮崎県予選】連覇を目指す鵬翔に日章学園が挑む

◆引用

読売新聞



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る