【サニックス杯2014】予選リーグが終了U-17日本代表などが順当に決勝トーナメント進出

サカスタニュース

 サニックス杯2014は予選リーグが終了し、U17日本代表東福岡市立船橋青森山田、ヴィッセル神戸、横浜FMユースらが順当に決勝トーナメントに進出した。中でも東福岡青森山田は3連勝での好調だ。

 東福岡は初戦、昨年のクラブユース選手権優勝の横浜FMユースと対戦、増山の技ありゴールで先制、一旦は同点に追い付かれるが、後半、エース中島が強烈な左足のミドルシュートを突き刺し、接戦を勝利した。

 一方の青森山田は、予選3試合を無失点で終えた。今季から3バックに取り組んでいる。予選3戦目となった鹿児島実業戦では、

相手の縦パスとサイド攻撃に苦戦するが、守備時には、ツーライン、サイドのMFが最終ラインに戻る5バックで、決定機を与えないなど、守備では大きな収穫があった。一方攻撃時はサイトのMFが上がるが、連携がイマイチの状況。しかし技術の高い選手が多く、時間が解決してくれそう。この決勝トーナメントも期待できそうだ。

 

■3月20日

・A組

U-17日本代表 2-0 U-17タイ代表

ディナモ バルナウル ユース2-0 杭州緑城ユース

U-17日本代表 6-0 ディナモ バルナウル ユース

U-17タイ代表 1(PK2−4)1 杭州緑城ユース

 

・B組

リセ ダゲン‐ダゾ メリニャク3-2 星稜高校

東福岡高校 2−1 横浜FMユース

リセ ダゲン‐ダゾ メリニャク 1-3 横浜FMユース

星稜高校 0-4 東福岡高校

C組
青森山田高校 3−0四日市中央工高校

アビスパ福岡ユース 1ー0 鹿児島実業高校

 

D組

市立船橋高校 3-0 長崎総合科学大学附属高校

ヴィッセル神戸ユース 6-1 東海大学付属第五高校

 

■3月21日

・A組

U-17日本代表 0-1 杭州緑城ユース

ディナモ バルナウル ユース3-1 U-17タイ代表

 

・B組

リセ ダゲン‐ダゾ メリニャク1-3 東福岡高校

星稜高校 1−3 横浜FMユース

 

C組
青森山田高校 3−0 アビスパ福岡ユース

四日市中央工高校 1−2 鹿児島実業高校

青森山田高校 1−0鹿児島実業高校

四日市中央工高校 0−4 アビスパ福岡ユース

 

D組

市立船橋高校 2-3 ヴィッセル神戸ユース

長崎総合科学大学附属高校 5-3 東海大学付属第五高校

市立船橋高校 2(PK5−3)2 東海大学付属第五高校

ヴィッセル神戸ユース 1(PK2−3)1長崎総合科学大学附属高校



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る