【第92回全国高校サッカー選手権大会3回戦】市立船橋、京都橘が順当にベスト8、西の横綱東福岡がPK戦で敗れる。

第92回全国高等学校サッカー選手権大会

 第92回全国高校サッカー選手権大会は3回戦が行われ、高校総体王者の市立船橋は、水戸啓明と対戦。エース石田の1ゴール2アシストの活躍で4−1で大勝した。

 昨年の高校選手権準優勝の京都橘は那覇西と対戦、こちらもエース小屋松の1ゴール1アシストで那覇西に3−2で勝利した。

 昨年と同じ顔合わせとなった桐光学園と四日市中央の試合は1年生の森島が決勝ゴール、昨年の雪辱を果たした。

 優勝候補、西の横綱東福岡は日章学園と対戦。両チーム無得点のままPK戦へ。日章学園GK永本が東福岡7人目を止め、鵬翔に続き宮崎県勢として2年連続でベスト8進出を決めた。

 プレミアリーグの富山第一は、攻撃サッカーで勢いに乗る市立浦和を前半の3点を守り、ベスト8を決めた。

 東京の修徳は、松商学園を3−0で完勝。昨年のベスト4星稜は玉野光南をPK戦で下した。初出場の履正社は青森山田と対戦。後半追い付かれるが、PK戦で大阪府準決勝、決勝でも活躍したGK安川の活躍でベスト8進出を決めた。

 

[浦和駒場スタジアム]
富山一 3-2 市立浦和
日章学園 0-0(PK7-6)東福岡

[ニッパツ三ツ沢球技場]
四日市中央工 1-0 桐光学園
青森山田 1-1(PK4-5)履正社

[駒沢陸上競技場]
松商学園 0-3 修徳
星稜 0-0(PK5-4)玉野光南

[フクダ電子アリーナ]
市立船橋 4-1 水戸啓明
那覇西 2-3 京都橘

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る