【チーム紹介:埼玉県】昌平高校

チームの特色

20140914_105934

わすか強化7年で埼玉の強豪校の仲間入りへ
昭和54年に設立、以前は福岡県にあった東和大学の付属校だったため、東和大学附属昌平高等学校という校名であったしかし平成19年の4月に東和大学が生徒募集を終了し閉校するため、学校法人昌平学園に無償移管され、現在の昌平高校に至っている。サッカー部もこの校名変更のタイミングで強化が始まり、青森山田中で現在Jリーグ鹿島で活躍する柴崎岳を育てた藤島崇之監督が就任した。

 藤島監督の礼儀を重んじ、基礎を大事にした厳しい練習の成果もあり、平成22年には、2次予選を突破し、選手権の決勝トーナメントに進出した。翌23年には人工芝のグラウンドが完成し、練習環境が整った。平成24年には埼玉県の1部リーグであるS1リーグに昇格、平成25年には高校総体、選手権共にベスト4に進出、埼玉県の強豪の仲間入りを果たした。平成26年には新人戦に初優勝、ついに埼玉県でタイトルを獲得した。

青森山田中学・高校で指導歴のある藤島監督の手腕
 藤島監督は現役時代習志野高校時代、元日本代表玉田と共に選手権に出場、日本高校選抜にも選ばれたボランチの名選手であった。その後順天堂大学で教員免許を取得、青森山田の中高一貫強化を掲げ、中等部を強化3年で全国大会3位に入賞させた手腕の持ち主で、現在Jリーグ鹿島で活躍する柴崎岳の指導に当たっていた。平成22年にサッカー部の強化が始まったと同時に就任。現在は父親で元日本代表だった信雄氏もチームとして親子鷹で選手の指導に当たっている。

【次ページ】ポゼッションとロングパスの融合

ページ:

1

2

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る