【チーム紹介:埼玉県】昌平高校

学校・サッカー部の発足

わすか強化7年で埼玉の強豪校の仲間入りへ

学校創立は1979年、以前は福岡県にあった東和大学の付属校だったため、東和大学附属昌平高等学校という校名であった。しかし2007年の4月に東和大学が生徒募集を終了し閉校するため、学校法人昌平学園に無償移管され、現在の昌平高校に至っている。サッカー部もこの校名変更のタイミングで強化が始まった。

image1

サッカー部の歴史・躍進

選手権初出場・高校総体全国ベスト4

IMG_8187

昌平高校躍進のきっかりとなったのが、青森山田中で現在Jリーグ鹿島で活躍する柴崎岳を育てた藤島崇之監督が就任してからだ。
藤島監督の礼儀を重んじ、基礎を大事にした厳しい練習の成果もあり、2010年には、埼玉2次予選を突破し、選手権の決勝トーナメントに進出した。

翌2011年には校内に人工芝のグラウンドが完成し、練習環境が整った。2012年には埼玉県の1部リーグであるS1リーグに昇格、平成25年には高校総体、選手権予選共にベスト4に進出、埼玉県の強豪の仲間入りを果たした。

2014年には新人戦に初優勝、 S1リーグでも優勝し、プリンスリーグ関東参入戦に勝利し、プリンスリーグ関東へ昇格を決めた。同年の高校選手権県予選では初優勝を成し遂げたが、全国大会では初戦で敗れた。

2015年にはプリンスリーグ関東に参入し1年で降格したが、2016年には高校総体に初出場を果たすと、大会2連覇中の東福岡高校や静岡学園高校などを下してベスト4に進出した。また、この年、同校で初めて針谷岳晃‏ がジュビロ磐田へ、松本泰志がサンフレッチェ広島と2人のJリーガーが誕生した。

2017年は県内の新人戦優勝、関東大会県予選優勝と埼玉県内では、敵なしの状況となっている。




監督・コーチ

青森山田中学・高校で指導歴のある藤島監督の手腕

昌平高校の躍進には藤島崇之監督の存在が欠かせない。藤島監督は現役時代習志野高校時代、元日本代表玉田と共に選手権に出場、日本高校選抜にも選ばれたボランチの名選手であった。その後順天堂大学で教員免許を取得、青森山田の中高一貫強化を掲げ、中等部を強化3年で全国大会3位に入賞させた手腕の持ち主で、現在Jリーグ鹿島で活躍する柴崎岳の指導にも当たっていた。2007年にサッカー部の強化が始まったと同時に就任。現在は父親で元日本代表だった信雄氏もチームとして親子鷹で選手の指導に当たっている。

昌平の躍進を支える藤島監督

昌平の躍進を支える藤島監督

習志野高校出身のコーチ陣で充実した指導環境

藤島監督と同じ習志野高校出身でJリーグでも活躍した関 隆倫氏など、習志野高校出身のコーチが複数名在籍、技術を活かした指導を実施している。

チームについて

チームスローガン

「~和~ 信・進・芯」

IMG_6949

ポゼッションとロングパスの融合

昌平のスタイルは、最終ラインから丁寧にショートパスをつなげながら、サイド攻撃、中央からのパスで崩しながら、ツートップが相手最終ラインの裏を狙って一気にゴールを決めるなど、多様な攻撃スタイルが特徴である。
フォーメーションは、4-2-3-1が基本で、選手権初出場時の代はツートップも採用していた。DFは毎年長身選手が少なく、パスをつなげる選手を優先して起用しているように見える。

サッカー部員

部員数

184名(3年:55名・2年:55名・1年:74名)でかなりの大所帯。 標準進学コースから特別進学コース全てのクラスの生徒が所属し活動を行っている。

IMG_6954

所属リーグ

トップチームは埼玉県1部リーグ、Bチームは2部リーグに所属している。

3種(中学)出身チーム

部員の出身チームは埼玉県全土と北関東のグラブチームや 中体連 所属の選手が中心だが、近年は、南関東のチームやJ下部組織出身が集まり、選手層が厚くなっている。

FC LABIDA

昌平高校の下部組織として2012年に設立、昌平高校で練習しており、クラブの代表は藤島監督の父親である藤島 信雄氏が務めている。コーチも昌平高校を指導しているコーチが担当している。ドリブルで勝負しながら、周りを活用できる選手の育成に力を入れており、中学卒業後は大半の生徒が昌平高校進学を希望するという。




ユニフォーム

 ホームは緑・黒・黒でアウェイは白・白・白である。
 メーカーは2016年より、ニューバランスのユニフォームを使用している。

緑を基調としたホームのユニフォーム

緑を基調としたホームのユニフォーム

シンプルなアウェイのユニフォーム

シンプルなアウェイのユニフォーム

学校生活

昌平高校内にある人工芝のグラウンド

昌平高校内にある人工芝のグラウンド

練習環境

平成23年には、校内に人工芝のグラウンドが完成、恵まれた環境で練習することが可能となった。また各種公式戦の試合会場となり、常にホームで試合することができる点も近年の好成績につながっている。現在は部員が180名を超え、学校のある杉戸町が管理し、無料で使用できる「西仮グラウンド」と振り分け、ローテーション制で練習している。

寮生活

寮はサッカー部とラグビー部のみ入部可能で推薦による入学者が優先的に入寮できるとのこと。

入部するのは

練習会・セレクション

2016年は8月に練習会が実施。合否を判断するものではないが、監督が良いと思った選手には声をかけるらしい。

偏差値

学科・コース 偏差値・合格点
普通・特別進学
T特選
68・416
普通・特別進学
特選
63・381
普通・特別進学
特進
60・360
普通・特別進学
特進アスリート
58・346
普通・標準進学
選抜
55・325
普通・標準進学
選抜アスリート
54・318




チーム情報

住所 〒345-0044 埼玉県北葛飾郡杉戸町下野851
監督 藤島崇之
所属リーグ 埼玉県1部リーグ
サイトURL 昌平高校サッカー部ホームページ

OB(Jリーガー)

針谷岳晃‏(ジュビロ磐田)
IMG_7534

松本泰志(サンフレッチェ広島)
IMG_7448

昌平高校に関するニュース

昌平高校のニュース一覧

ページ上部へ戻る