IMG_9204

今年の”イチフナ”の絶対的リーダー

【高校総体千葉県予選 市立船橋 2-0 木更津総合】
 IMG_9413
 高校総体千葉県予選が始まった。優勝候補最右翼の市立船橋だが、13,14日に行われた決勝トーナメント1回戦と準々決勝を全く危なげなく勝ち進みベスト4進出。全国大会出場まであと1勝と迫った。その中で、主将として絶対的な信頼を得てチームを支えるのが、ボランチの椎橋慧也(3年)だ。

 1回戦の木更津総合戦では、連戦を考慮してか、前線の主力がベンチを温める中、ボランチとして先発。セカンドボールをことごとく拾って、慣れない前線へパスを送り続けた。そして攻撃時には自らエリア前まで上がり、ゴールをこじあけようとした。
IMG_9865  
 前半は無得点で終了したが、後半開始早々相手エリア内でのファールで得たペナルティキックを落ち着いて決め待望の先制点を上げた。その後、相手ゴールキックをそのままヘディングで前線の矢村へパス。矢村がDFに囲まれながら落ち着いて決め2-0で勝利、椎橋は全得点に絡む活躍で勝利に大きく貢献した。
IMG_9204

 翌日の八千代松陰戦も4-0で快勝し、ベスト4進出となった。中盤での果敢なプレス、セカンドボールの回収。ボールを奪われないキープ力、ヘディングの強さとボランチに必要な能力を持ち併せており、職人のように表情を変えず、プレーする姿は現在プレミアリーグイーストで2位の大きな原動力となっている。

 20日は、勝てば高校総体の全国出場が決まる準決勝は、初の全国を目指す千葉明徳が相手となる。守備は堅いが普通にやれば勝てる相手のはずだ。しっかり勝利して、昨年の全国大会で2点リードしながらまさかの逆転で初戦敗退した借りを返して、2年ぶりの全国制覇を狙っているはずだ。

チーム名 市立船橋
ポジション MF
背番号
サイズ 177cm 69kg 
学年 3年
前所属
八木が谷中
代表歴  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る