【第94回選手権千葉県予選展望】絶対本命市立船橋に流通経済柏、八千代、習志野の3強が追いかける

 第94回全国高校サッカー選手権大会千葉県大会の組み合わせが決まった。毎年全国最激戦区として注目されている。

 サッカーである以上絶対はないが、今年の優勝候補筆頭は市立船橋で間違いない。GK寺尾、DFセットプレーに強い白井、U18日本代表にも選ばれた杉岡、複数のポジションを高いレベルでこなせる古屋、攻撃のリズムを作る原、セットプレーに強みを持つ工藤、質の高い動きだしで、チャンスを引き出すMF高、1年生の時から期待され、最近結果を出しているFW矢村、そしてベガルタ仙台入りが内定しているボランチの椎橋、同じくモンテディオ山形に内定しているFW永藤など高体連No1と言えるタレントを揃えている。高校総体予選では決勝で流通経済柏に敗れたが、全国では、見事準優勝と結果をしっかり残している。今年は相手が守り切ろうとしても崩せる力を持っており、県予選を突破すれば全国でも優勝候補筆頭となる。

IMG_1333

充実した選手層を誇る市立船橋。順当に行けば彼らが優勝に一番近い存在だ。

  対抗は、昨年の選手権全国で3位になった流通経済柏だ。プレミアリーグイーストでは、現在まさかの9位と低迷しているが、選手層の厚さも含め、全国トップレベルの力を持ち併せている。スピートとフィジカルの強さの強さを持つ本村、運動量豊富の菅原、エースストライカー兼田、ロングスローとスピードが魅力の織田、アトレティコ・マドリーの育成組織出身のFW宮川が控えと今年も選手層が厚い。昨年の決勝では、市立船橋に2点差をひっくり返し逆転勝ちしたこともあり、いざという時の勝負強さを兼ね備える。

昨年は逆転勝利の連続で全国3位まで上り詰めた流通経済柏

昨年は逆転勝利の連続で全国3位まで上り詰めた流通経済柏

 この2強に対抗できるのが、昨年の選手権予選ベスト4、県リーグ1部2位の八千代だ。昨年の選手権予選準決勝では市立船橋を追い詰め、勝利まであと一歩まで追い付め、試合内容では勝っていた。その時のメンバーの大半が残る。ポジショニングに優れるCB長野、スピードある攻撃が魅力の左SB宮野、ゴールへ向かう動きに迫力のあるFW佐藤、そして「八千代のメッシ」としてキレのあるドリブルで試合を決める積田など魅力的な選手が多い。

八千代のメッシと言われるFW積田。彼がボールを持つと怖い存在だ。

八千代のメッシと言われるFW積田。彼がボールを持つと怖い存在だ。

 まさかの県リーグ2部への降格となった習志野だが、関東大会予選、高校総体予選ベスト4とトーナメントでは結果は残しており、侮れない存在だ。その他、高校総体予選ベスト4の千葉明徳、千葉県リーグ3位、柏レイソルとの提携で強化中の柏日体、2部リーグで結果を残した東京学館や中央学院の戦いなどにも注目だ。

 1回戦は10月10日から始まり、決勝は11月15日柏の葉講演総合競技場で開催される。

■主な高校の直近の成績

チーム 予想 昨年選手権予選 リーグ戦 高校総体予選 関東大会
市立船橋 準優勝 プレミアリーグイースト4位  準優勝(全国準優勝)  不参加
竜津経済柏 優勝(全国ベスト4) プレミアリーグイースト9位 優勝(全国2回戦)  不参加 
習志野  △  ベスト4 1部9位 ベスト4 ベスト4 
八千代  △ ベスト4  1部2位 ベスト8  優勝
柏日体   ベスト8  1部3位 ベスト8 準優勝
千葉明徳   1回戦  1部5位  べスト4  1回戦 
幕張総合   ベスト8  2部Aグループ3位  1回戦 2回戦 
中央学院    1次トーナメント 2部Aグループ1位 ー  2回戦 
東京学館   ベスト8  2部Bグループ1位  1回戦  1回戦 

■1回戦対戦カード【1回戦】(10月10~12日)
専修大松戸高 – 幕張総合高
若松高 – 船橋二和高
白井高 – 八千代松陰高
八千代高 – 渋谷幕張
我孫子高 – 東京学館高
暁星国際高 – 千葉東高
茂原北陵高 – 習志野
千葉明徳高 – 中央学院高
検見川高 – 市川高
東邦大東邦高 – 船橋東高
敬愛学園高 – 翔凛高
柏日体高 – 市立柏高
千葉日大一高 – 木更津総合高
千葉敬愛高 – 東京学館浦安高



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る