【第94回高校選手権準決勝】 國學院久我山が初の決勝! 東福岡は前回王者星稜に完勝し17年ぶりの決勝進出

94sensyuken

 第94回高校選手権準決勝2試合が行われ、國學院久我山東福岡が決勝に進出した。準決勝は第一試合、星稜東福岡東福岡が大量21本のシュートで2点を奪い内容でも相手を圧倒した。前回優勝の星稜は粘り強い守備で対抗したが、シュート1本と攻撃が沈黙、ミスも多く完敗となった。

 第二試合青森山田國學院久我山の対戦、青森山田がセットプレーから鳴海のゴールで先制するも、國學院久我山もすぐにコーナーのこぼれ球から名倉のクロスをDF野村が頭で合わせて1-1の同点に追いつく。その後、両チーム決定機を作るが、ゴールならずPK戦かと思われた後半アディショナルタイム、國學院久我山はコーナーのクリアボールをDF山本がシュート制のボールをDF戸田がコースが変えて逆転、2-1で初の決勝進出を決めた。

 決勝は埼玉スタジアム2○○2で11日に行われる。

【準決勝】
(2016年1月9日)
[埼玉スタジアム]
星稜高 0-2 東福岡高
[東]藤川虎太朗(45分)、鍬先祐弥(57分)

青森山田高 1-2 國學院久我山
[青]鳴海彰人(17分)
[國]野村京平(25分)、戸田佳佑(90分+3)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る