【特集】仲間との別れには様々なドラマがある。3年生を贈る会、卒業式

サカスタニュース

 高校選手権の敗退を最後にサッカー部から引退。大学進学を目指し、受験勉強を頑張るもの。就職活動を通して就職を決めるもの、専門学校へ行くもの、そしてごく一部だが、サッカーでプロの世界へいくもの。3年間一緒にプレーしてきた仲間たちとの別れ。今回は3年生の贈る会や卒業式を各高校のホームページやブログを元に振り返っていく。

 

初芝橋本(和歌山)主将より卒業の言葉

今年、プロを引退した吉原を輩出した名門校だが、今年の3年生は12人と少ない。しかし1人も辞めずに最後まで全員で頑張ってきた。

出水中央高校(鹿児島) 初志貫徹

お人好しの優しい学年で、その性格がサッカーまで出てしまったが、しかし全員寮生活で培った団結力はどこにも負けない。

鵬翔高校(宮崎)、卒業生アルバム

選手権優勝の鵬翔高校。卒業生1人ずつアルバムになっています。

実践学園(東京)三年生を送る会

今年、東京では敵なしだった。実践学園。送る会も終始明るい雰囲気のようです。

習志野高校(千葉)の三送会

部員150名の習志野高校、サッカーにかくし芸、涙と充実の送る会になったようです。

創造学園(長野)の卒業

今年、選手権に初出場した創造学園、3年生が新たな歴史を創ってくれました。

埼玉栄(埼玉)の3年生を送る会

埼玉栄高校の父母の方のブログ。子供の成長を感じると同時に自分も父母会からの卒業ということで寂しがっていました。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る