サカスタニュース

第65回 全九州高校サッカー競技大会が15日から17日まで沖縄県で開催され、決勝で九州国際大付(福岡2位)を2-1で下した東福岡(福岡1位)が優勝した。

 東福岡はMF松田天馬とU-18日本代表候補DF熊本雄太のゴールによって勝利。九州新人戦に続いて九州制覇を果たした。

 

[決勝]
東福岡 2-1 九州国際大付

[準決勝]
東福岡 5-0 熊本学園大付
九州国際大付 4-2 海星

[準々決勝]
東福岡 2-0 日章学園
熊本学園大付 1-1(PK4-2)鹿児島実
九州国際大付 2-1 大津
海星 3-0 佐賀学園

[1回戦]
東福岡 6-0 長崎南山
日章学園 5-0 具志川
佐賀商 1-3 熊本学園大付
大分西 0-1 鹿児島実
九州国際大付 2-1 鹿児島城西
都城工 0-5 大津
大分鶴崎 2-2(PK4-5)海星
佐賀学園 2-1 那覇西

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る