【高校サッカー書籍】高校サッカー 心を揺さぶる11の物語

高校サッカー 心を揺さぶる11の物語

高校サッカー 心を揺さぶる11の物語

高校サッカー 心を揺さぶる11の物語

 

価格 1,620
商品説明 TBS初代「S☆1」ガール・小島瑠璃子さん推薦!
「サッカーとひたむきに向き合う中で生まれる
人と人の絆に心を動かされました!」

日本全国で本当にあった涙の青春ストーリー。
全国出場を目指し、一生懸命にがんばる高校サッカー部員が全国にはたくさんいます。
目標に向かって努力する。試合で負けて涙を流す。仲間と共に勝利を喜ぶ。
すべてが二度とない青春の日々であり、一人ひとりに大切な物語があるのです。
本書では熱く、泣ける、心を揺さぶる11の物語を集めました。

■第1話 いつも親父がいてくれた
高校2年のときに親父が末期ガンだと告げられた。それでもガムシャラに練習をして、3年の選手権で25人のメンバーに入った。初戦の前夜、父が危篤状態に。

■第2話 監督の娘は、女子マネージャー
小さいころからお父さんは高校サッカーの監督でほとんど家にいなかった。父に近づきたい。父のサッカー部に入った女子マネージャーの物語。

■第3話 フリーキックに魅せられて
高3になってチームのキッカーを任されたものの、まったくゴールが入らなくなってしまった。本大会でフリーキックを決めることはできるのか。

■第4話 僕らの声は届いたか
チームのトレーナーが倒れてしまい意識不明に。僕らが今できることはなにか。トレーナーのために勝利を目指す高校サッカー部員たち。

■第5話 離島にやってきた熱血コーチ
声のでかい新人教師が穏やかな海に浮かぶ離島にやってきた。やる気のない部員たちを再生できるのか? 新人監督と選手たちのヒューマンストーリー。

■第6話 ケガに泣いた日々
順風満帆だったサッカー人生。だけど高校2年で怪我をしてから、僕はサッカーの神様に見離されてしまったんだ…。

■第7話 155cmのゴールキーパー
小学生のころから身長が低いと言われ続けてきた。それなら自分の長所を磨けばいい。創意工夫しながら、チームの仲間たちに信頼されるGKを目指していく。

■第8話 審判になった高校生
レギュラーになるのは、どうあがいたって無理なんだ。選手としての道を高校1年であきらめ、その後審判の道を歩むことを決意。高校在学中にレフリングした高校生の物語。br>
■第9話 勉強校のミラクル
進学校のサッカー部は、県大会に出場できるかどうかのレベル。そこに名将と呼ばれる監督がやってきた。

■第10話 ユニフォームを着ることの喜び
ケガにより満足にプレーできなくなった。父の死も経験した。どん底までいった僕の人生だけど、監督は憧れのユニフォームを着るチャンスをくれた。

■第11話 夢をあきらめた男
いとこと誓った国立のピッチに立つ夢。挫折してしまった僕は、あのとき後悔した気持ちと向き合わなければならない。

見所 青春っていいなと思わせてくれる話ばかりで、
登場する高校生たちの汗や涙が感じられて、心にじわっときます。

目標は選手権であっても、そこに至る過程において、いろんな経験を積んでいく。
ありきたりかもしれないけれど、この時期にしかできない経験があることを
あらためて感じました。

選手だけでなく、監督・コーチ含めて、一つのチーム。
サッカーを通して、努力することや仲間や家族の大切さを学び成長していく。
この辺りがすべての物語に共通していると感じました。

おすすめは、「監督の娘は、女子マネージャー」です。
女子マネージャーという仕事が
想像以上に激務であることがわかり、
それだけにマネージャーが、チームにとってかけがえのない存在だとわかります。
コンビニケーキでの感謝を伝えるのが、高校生らしいです。

商品を購入する

クリックするとサイトの商品購入ページが開きます。

アマゾン(amazon) 高校サッカー 心を揺さぶる11の物語
楽天ブックス 【楽天ブックスならいつでも送料無料】高校サッカー心を揺さぶる11の物語 [ 安藤隆人 ]
セブンネットショッピング 高校サッカー 心を揺さぶる11の物語


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る