【第93回選手権埼玉予選】どこが出場しても波乱と言えない埼玉、西武台、武南、市立浦和、浦和東、正智深谷、昌平が横一線で並ぶ

 第93回全国高等学校サッカー選手権大会埼玉県予選の決勝トーナメントが10月11日より開催される。今年も埼玉は混戦が続いており、県内の複数の大会を制した高校がなく、トーナメントの早い段階で強豪同士が潰し合うことが多くが、その結果で力がないと判断ができないほどの状況だ。
 
 混戦の中、わずか出場に近いのが西武台だ。現在県リーグ2位、高校総体出場と一番安定感がある。FW中山歩を中心とした前線からのプレスで奪ったボールをそのままショートカウンターでゴールを目指すスタイルにトーナメント向きとも言える。普通にやればベスト4までは順当にいけるはずだ。
 
 古豪武南は今年も安定したチームを作っている。現在県リーグでは首位を走っている。今年は安定感抜群のGK荒井と高さのあるCBを揃え、守りは計算できる。攻撃は個人能力の高い選手が多いが、サイドで孤立するケースもあるため、選手間の距離を保ちパスをつないでいけるかが勝負となる。埼玉の新興勢力である昌平も初めての全国を狙える好チーム。最終ラインからボールをつなぎ、ツートップの動き出しで、ロングボールを引き出すことができる。今年の新人戦優勝、昨年の選手権ベスト4と安定した力を残している。この両チームは順当にいけばベスト8で当たる。注目の一戦となりそうだ。
 
 昨年の選手権出場の市立浦和は今年も安定した力を持っている。フィードが上手いGK寺岡、FW石神など今年は攻撃力に長けている。おそらく3回戦で浦和南と当たる。浦和南は今年の新人戦準優勝、フィジカルに長けた選手が多い。浦和東が赴任して2年目の野崎監督の手腕にも注目だ。
 
 正智深谷は、昨年の選手権準優勝、関東大会優勝、県リーグ4位と今年も全国を狙える力を十分持っている。浦和東は高校総体出場、関東大会準優勝と昨年の不振から抜け出している。2年目をむかえる鈴木監督のポゼッションサッカーが浸透、レジスタ望月を中心とした攻撃は面白いサッカーをしている。不安材料は猛烈なプレスを掛けられり、がっちり守られた時に崩させるかにかかっている。この2チームはベスト8で当たる予定だ。
 
 他にも昨年の選手権ベスト8で武南を苦しめたふじみ野、新興勢力の聖望学園、武蔵越生、埼玉栄、元Jリーガー森山泰行氏が監督に就任した浦和学園なども注目される。決勝は11月16日に埼玉スタジアム2002で行われる。
チーム 予想 昨年選手権県予選 県リーグ戦 高校総体 関東大会 新人戦
昌平 ベスト4 1部3位 ベスト8 ベスト4 優勝
浦和南   ベスト8 1部9位 2回戦 ベスト8 準優勝
市立浦和 優勝 1部6位 ベスト4 ベスト8 ベスト4
西武台 ベスト8 1部2位 優勝 2回戦 ベスト4
浦和東 △  ベスト16 1部5位 準優勝 準優勝 ベスト8
ふじみ野   ベスト8 2部B3位 2回戦 2回戦 ベスト8
武南 ベスト4 1部1位 ベスト4 2回戦 ベスト8
埼玉栄   2回戦 2部B1位 3回戦 2回戦 ベスト8
正智深谷 準優勝 1部4位 ベスト8 優勝 1回戦



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る