【第93回選手権京都府予選】京都橘、東山のプレミア2強を立命館宇治、久御山が追いかける

第93回全国高等学校サッカー選手権大会京都府予選の決勝トーナメントが9月28日より開催されている。近年の京都府勢の活躍が目覚ましい。4年前の89回大会では久御山がショートパスを駆使したサッカーで準優勝、京都橘は一昨年準優勝、昨年もベスト4と結果を残している。
 
選手権の本命は県予選3連覇を目指す京都橘だ。やはり2年連続して選手権で国立舞台を踏んでおり、選手権の戦い方を熟知している。1年の頃から出場しているDF林と小川が最終ラインを統率、中盤では汗かき役のボランチ志知、MF仙頭は2年前の主将の仙頭啓矢の弟だ。そして1年からレギュラーで今年のエースFWの中野がおり、総合力ではナンバー1である。
今年のプラス材料として、高校総体の予選を制している点だ。昨年、一昨年は夏以降にチーム力が上がる傾向で他大会での成績はイマイチだったが、今年も高校総体に出場しているので、例年に比べ速い段階でチーム力が上がっている。プレミアリーグ初参戦で現在は最下位だが、Jユースの強豪にも粘り強く戦えている。
 
対抗は東山だ。今年はプレミアリーグウエストに初参戦、レベルの高い中での戦いで現在9位だが、Jリーグ入りが注目されるMF鎌田、井村のダブルボランチ、FW黒木、DF福重を中心にチーム力は高い。福重監督も京都代表はもちろん、全国制覇も狙っている。
 
この2校は順当にいけば、準々決勝で対決とする。今年は公式戦で3回戦っており、高校総体予選では京都橘が2-1、プレミアリーグウエストでは、1-1と0-1と1勝1敗1分けと互角の勝負だ。この2校の勝者が決勝で、新第93回全国高等学校サッカー選手権大会京都府予選の決勝トーナメントが9月28日より開催される。近年は全国レベルで活躍している京都府だが、今年もレベルの高い戦いに期待されている。今年は昨年の選手権で全国ベスト4の京都橘と東山の2強に立命館宇治が挑む。
 
人戦優勝、今年の府大会で安定した成績を収める立命館宇治、京都府リーグ1位の久御山など熱戦が期待される。決勝は11月15日に西京極陸上競技場で行われる。
チーム 予想 昨年選手権県予選 県リーグ戦 高校総体 新人戦
京都橘 優勝(全国ベスト4) プレミア 優勝(全国1回戦) ベスト8
東山 ベスト4 プレミア ベスト8 ベスト4
福知山成美   ベスト8 県リーグ1部3位 ベスト8 1回戦
山城   ベスト16   ベスト4 ベスト4
洛北   準優勝 プリンス関西8位 3回戦 ベスト8
久御山   ベスト8 県リーグ1部1位 ベスト4 ベスト8
京都学園   3回戦   ベスト8 1回戦
京教大附属   3回戦   ベスト8 2回戦
立命館宇治 ベスト8 県リーグ1部4位 準優勝 優勝
莵道   ベスト4 県リーグ1部6位 3回戦 準優勝

 

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る