【第93回選手権福島予選】高校総体出場の尚志、昨年優勝の富岡は順当にベスト4進出

 第93回全国高校サッカー選手権大会県大会の2次大会は11日、鏡石町の鳥見山陸上競技場と鳥見山多目的広場で準々決勝4試合を行い、尚志、福島工、帝京安積、富岡が準決勝に進出した。
 第1シードの尚志は聖光学院に1-0、第3シードの富岡は郡山商に1-0、第4シードの福島工は湯本に2-1でそれぞれ勝利した。帝京安積はPK戦で第2シードの学法石川を破り、昭和63年の校名変更後初のベスト4入りを果たした。
 準決勝は25日に郡山市の西部サッカー場で行う。尚志-福島工は午前10時30分から、帝京安積-富岡は午後1時から。決勝は11月1日午後1時10分から同サッカー場で行う。

 

[準々決勝]
尚志高 1-0 聖光学院高
福島工高 2-1 湯本高
郡山商高 0-1 富岡高
帝京安積高 0-0(PK4-3)学法石川高

[4回戦]
尚志高 6-0 安積高
聖光学院高 2-1 磐城高
福島工高 3-0 磐城桜が丘高
福島東高 0-2 湯本高
学法石川高 4-0 平工高
帝京安積高 8-0 小高工高
富岡高 1-0 会津工高
郡山商高 1-1(PK3-1)安達高

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る