第39回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で輝いた才能たち(GK・DF編)

第39回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会で輝いた才能を観戦した選手限定で選出しました。これからのリーグ戦やJユースカップでも注目してみてください。

GK MF
IMG_7239  IMG_2834
加藤 有輝 大宮アルディージャユース(3年) 堀江 大騎 セレッソ大阪U-18(3年)
足元の技術とハイボールの強さには定評があったが、セービングは上手くなり世代別日本代表に選ばれ、年代を代表するGKとなった。決勝の5失点はノーチャンスで、よく5点に抑えたと言った方が適切だろう。 今年もプレミア首位を走るセレッソの攻撃的SBタイミングの良いオーバーラップから種類の多いクロスでチャンスを演出する。
DF MF
IMG_6639 IMG_4809
坂本 寛之 横浜Fマリノスユース(2年) 吹ケ 徳喜 名古屋グランパスU18(3年) 
2年ぶりの優勝に貢献した万能型CB。背丈はないが、競り合いに強く、ポジショニングとビルドアップを得意とする。 グランパスの誇る左SB。FC東京戦では守りもこなし、一瞬のタイミングで相手DFを置き去りにするドリブルは彼にしかない才能を感じさせてくれた。
DF DF
IMG_4767 IMG_4078
柳 貴博 FC東京U-18(3年) 長谷川 巧 アルビレックス新潟U-18(2年)
3バックながら攻撃力が魅力な規格外の選手。競り合いに強く、フィジカルコンタクトも申し分ない。そして得点も取れる選手だ。 攻撃参加の回数こそ少ないが、1人で中央で切り込むドリブルは相手に脅威を与えていた。 
FW FW
IMG_6136 IMG_4102
朝妻 佑斗 大宮アルディージャユース(3年) 森本 裕来以 ヴァンフォーレ甲府U-18(3年)
点も取れる攻撃的左SB。守備力が高いのはもちろん、右足からのクロス、シュート、セットプレー時はゴール前に上がって点を決めることができる。  昨年からのレギュラーで守備能力が高いCB。前で出ての読みからのインターセプトでカウンターの起点にもなっている。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る