プレミアリーグウエスト 後半戦の展望

クラブユース選手権や高校総体で中断となっていたプレミアリーグがいよいよ再開、10節を終了して大阪の2チーム、セレッソ大阪U-18とガンバ大阪ユースが首位争いを繰り広げています。

順位 チーム名 勝点 試合数
1 セレッソ大阪U-18 24 10 8 0 2
2 ガンバ大阪ユース 21 10 6 3 1
3 大分トリニータU-18 17 10 5 2 3
4 東福岡高校 17 10 5 2 3
5 ヴィッセル神戸U-18 16 10 4 4 2
6 京都サンガF.C.U-18 11 10 3 2 5
7 サンフレッチェ広島F.Cユース 11 10 3 2 5
8 履正社高校 8 10 2 2 6
9 名古屋グランパスU18 8 10 2 2 6
10 京都橘高校 7 10 2 1 7

 首位セレッソ大阪は強豪ひしめくグループだったが、クラブユース選手権ではまさかの予選敗退。DF庄司を欠き、僅差での敗戦だったが、リーグ戦通して内容は悪くなかった。MF立石、斧澤、FW岸本とタレントはそろっており、2位ガンバ、3位大分以外のチームには勝利しており、連覇は視界に入っている。

IMG_2254

 2位ガンバもクラブユース選手権ではまさかの予選敗退。攻撃陣は点を取るが、失点も多く、チーム全体として守備に不安が残った。攻撃陣は高木、市丸とタレントが多く、安定した戦いができれば逆転優勝は十分可能だ。トップチームに帯同するMF堂安がどのくらい試合に出てくるかも注目だ。

 クラブユース選手権予選敗退、運動量と球際の強さ守備で3位につける大分は、優勝するためにはここからと勝負となる。FW吉平とMF岩田の2枚看板は安定したプレーを続けており、暑い夏を乗り切れば自慢のハイプレスのサッカーが活かされるはずだ。

IMG_1124

 見事高校総体で連覇したの東福岡は上昇気流にのっている。昨年は控えで出ていなかった選手が全国大会で優勝したことは、選手にとって大きな自信となったはずだ。Jユースとも互角に戦えており、自己最高の3位を上回る可能性は十分期待される。

 神戸、京都、広島のJユース3チームは、粘って上位争いに加わっていきたい。特に昨年も一昨年の覇者で、昨年も後半戦で猛烈な追い上げをして神戸にも注目だ。

 サッカーの質ではJユースにも負けていない高校総体ベスト8の履正社も前節では広島に勝利するなど、好調をキープしている。

IMG_1109

クラブユース選手権ではFC東京を倒して、ベスト8に入り、チームとして完成度が高くなった9位名古屋も巻き返しが期待される。

IMG_5286

 現在は最下位だが、京都橘は昨年より勝ち点を積み上げており、しっかり守ってのカウンターで勝ち点を拾っていけば、今年も十分残留が期待できる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る