第94回選手権の組み合わせが決定、昨年優勝の星稜は玉野光南と、高校総体優勝の東福岡は遠野と対戦

 第94回全国高校サッカー選手権大会の組み合わせ抽選会が16日、東京・汐留の日本テレビで行われた。開幕戦は5年ぶり2回目の出場の東京都A代表、駒沢大高と初出場の大阪府代表阪南大高に決まった。

5年ぶり2回目の出場の駒澤大高は激戦区大阪を勝ち抜いた阪南大高との開幕戦

5年ぶり2回目の出場の駒澤大高は激戦区大阪を勝ち抜いた阪南大高との開幕戦

 昨年優勝の星稜は、予選決勝のスーパーゴールが世界中で話題になっている岡山県代表の玉野光南と対戦。昨年の準優勝前橋育英はプリンスリーグ九州首位でガンバ大阪内定のDF野田とFW一美を擁する大津と対戦、大会屈指の好カードとなった。

昨年優勝の星稜はスーパーゴールで注目された玉野光南と対戦

昨年優勝の星稜はスーパーゴールで注目された玉野光南と対戦

 今年の高校総体を二連覇した東福岡は岩手県代表の遠野と対戦、同大会準優勝の市立船橋は同じ中国地区の米子北と対戦、米子北も現在プリンスリーグ中国で首位に立っており、市立船橋でも足をすくわれる可能性のある手強い相手となった。

優勝候補の市立船橋は米子北との対戦。初戦から難しい相手との対戦になった

優勝候補の市立船橋は米子北との対戦。初戦から難しい相手との対戦になった

 プレミアリーグイースト首位の青森山田は高校総体ベスト4に入った立正大淞南を破った大社と対戦。大社はプリンスリーグ中国でも2位に付けており、青森山田にとって、油断ができない相手となった。

優勝候補青森山田も中国の強豪大社との対戦。こちらも侮れない相手となった

優勝候補青森山田も中国の強豪大社との対戦。こちらも侮れない相手となった

 その他では、プリンスリーグ東北を制した尚志とプレミアリーグウエストに所属する京都橘の試合、パスとドリブルを駆使した魅惑のサッカーを展開するチーム同士の対戦となった野洲(滋賀)と聖和学園(宮城)の対戦も注目だ。

 ジュビロ磐田に内定したU-18日本代表FW小川を擁する桐光学園は初出場の長崎南山、「東京キラー」の広島皆実はまたしても初戦で國學院久我山との対戦となった。

 大会は12月30日に駒澤陸上競技場で開会式と開幕戦、決勝は1月11日(祝)に埼玉スタジアム2○○2で行われる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る