【第94回高校サッカー選手権 3回戦 桐光学園2(PK4-5)2青森山田

 まさかのPK失敗だったが、今大会No1ストライカーとしての実力はいかんなく発揮された。初戦の長崎南山戦では、ピンポイントのクロスをダイレクトで合わせての得点。そして3回戦の青森山田戦では、素晴らしいゴールを連発した。

 1点目は中央から右サイドに受けたパスを相手DFとゴールから離れる動きから逆サイドネットへ強引に突き刺した。

 2点目は右サイドからイカサの高めのクロスを頭を固定しながら頭で押し込んだ。2点ともさすがのゴールだった。その後、試合中とPK戦でPKを2本外して惜しくも敗退したが、それでも大会No1ストライカーという評価に変わりはない。

 1年から小川が出場した試合を観てきたが、どちらかと言えばおとなしいタイプの選手かと感じていたが、3年になってU-18日本代表やキャプテンを経験することにより、リーダーシップを身につけたのだろう。プレーにも逞しさを感じられるようになった。

 卒業後はジュビロ磐田へ入団が内定している。厳しいポジション争いとなりそうだが、試合に出れる可能性は十分あると思う。そして2020年の東京オリンピックでは日本代表として、ピッチに立つ姿を見てみたいものだ。

 

チーム名 桐光学園
ポジション FW
背番号
サイズ 184cm 75kg 
学年 3年
前所属 大豆戸FC
代表歴  U-18日本代表

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る