【サニックス杯2016】印象に残った選手たちその2

サニックス杯2016はU-17日本代表の優勝で幕を閉じた。今回は19日、20日の2日間、すべての選手を見れなかったが、これからブレイクしそうな選手に特化して取り上げました。本ページはその第二弾です。
 
IMG_4696
前島正弥(東福岡GK:新3年)
 がっしりした体格だが、シュートの反応が速いGK。キック、ハイボールの対応も高いレベルであり、チームの準優勝に貢献した。
 
IMG_4747
福田湧矢(東福岡MF:新2年)
 藤川のいない中、10番を背負い存在感を見せたMF。右サイドからのドリブルから再三のチャンスを演出した。
 
IMG_5810
高江麗央(東福岡MF:新3年)
 ピッチの左右に顔を出し、攻撃を演出。また精度の高いプレスキックで注目を集めた。
 
IMG_3858
長谷川新輝(市立船橋GK:新2年)
 素材感が半端ない大型GK。190cmの長身で動きはまだぎこちないが、伊藤GKの指導で大きく成長すれば面白い存在になりそう。
 
IMG_3815
野本幸太(市立船橋MF:新3年)
 今大会で輝いていた選手の1人。ドリブルしながら、正確で速いパスを出せ、判断力に優れたMF。昨年度からのレギュラーを抑え、もしかしたら今年のエース候補になるかも。
 
IMG_3831
村上弘有(市立船橋FW:新3年)
 186cmの長身を誇るワントップ。出来にはムラを感じるが、ポストプレー、献身的な守備もでき、矢野ともレギュラー争いも注目だ。
 
IMG_5322
酒井将輝(大分トリニータU-18MF:新3年)
 背番号5のトップ下。組み立て、ドリブル、プレスキック、守備とすべてをハイレベルをこなす。
 
IMG_5499
戸高航汰(大分トリニータU-18DF:新3年)
 超攻撃的な右サイドバック。守備力に加え、攻撃時は最前線まで顔を出してゴールを狙っている。
 
IMG_5289
澤田雄太(國學院久我山DF:新2年)
 久我山では長身の178cmのセンターバック。ビルドアップとエリア内の守備に強さを発揮していた。
 
IMG_5339
安藤謙生(國學院久我山DF:新3年)
 小柄だが、アジリティが高く、長い距離もドリブルで相手を置き去りにするFW


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る