【チーム紹介:青森県】青森山田高校

青森山田

チームの特色

青森県内では約15年負けていない高校サッカー界を代表とする名門校
 卓球の福原愛の母校で有名で、高校世代最高峰のプレミアリーグ設立初年度から戦っている高校サッカーの名門校だ。学校設立は大正7年と歴史があり、サッカー部の創部は昭和45年である。青森県内では当時は紫のユニホームで全国で活躍した五戸の全盛期であった。

 平成元年に元日本代表GKの田口光久監督が就任し、サッカー部の強化が始まり、平成3年に高校総体、高校選手権に初出場を決めた。現在の監督である黒田剛監督が就任した平成7年には2年目の出場、平成9年以降は毎年選手権出場を決めている。平成12年には、高校総体、高校選手権でベスト4に進出、青森県で初めて国立競技場でプレーしたチームとなった。平成17年には高校総体で初優勝、平成21年には柴崎岳を擁し、選手権で準優勝するなど選手権制覇もあと一歩のところまで来ている。

 青森県内では敵なしの状況で、現在県内での連勝記録は270勝以上、最後に負けたのは平成11年(1999年)の新人戦決勝で敗れて以来、県内では負けていない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

黒田剛監督の情熱と緻密さ
 青森山田と言えば、黒田剛監督の存在抜きに語れない。黒田監督は大阪体育大学卒業後、北海道のホテル勤務、高校のコーチを経て、平成6年に青森山田のコーチに就任すると翌年には監督へ昇格、チームをいきなり選手権出場へ導く。就任当時の部員は18人でコート一面も取れない練習環境であった。その翌年光星学院に敗れて選手権出場を逃すが、その翌年以降は選手権の連続出場記録を更新している。

 学校側もサッカーに強化を図る方針であったため、県外選手のスカウトとブラジル人留学生を受け入れ、確実にチーム力を上げていった。極度の負けず嫌いで勉強家であり、平成18年にはJリーグ、日本代表の監督になれるS級ライセンスを取得している。自ら他の強豪校の監督の話を聞いてよいと感じたものは積極的に取り入れている。

 戦術はこれと行った特徴はないが、中盤2枚のボランチには、技術的に優れリーダーシップのある選手を置いている。2013年までは4-4-2がメインだったが、2014年はサンフレッチェ広島を参考に3バックを取り入れており、その年の選手の特徴に合わせた戦術を採用している。

【次ページ】厚い選手層、トップがプレミア、セカンドがプリンスリーグで奮闘中

ページ:

1

2 3

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る