Jユースカップ2012 第20回Jユースクラブユース決勝はコンサドーレ札幌ユースが5発で初優勝!!

【決勝】(12月24日)

[大阪長居スタジアム]

G大阪ユース 1-5 札幌U-18

[G]出岡大輝(31分)

[札]中原彰吾3(42、50、85分)、下田康太(67分)、國分将(69分)

※札幌U-18は初優勝!

 

2012年Jユースカップ第20回Jリーグユース選手権大会の決勝戦が24日に大阪長居スタジアムで行われ、コンサドーレ札幌U-18が5-1でガンバ大阪ユースを下して初優勝を飾った。

ユース年代で北海道勢が全国大会を制したのは初めて。札幌の四方田修平監督は「選手が気持ちを込めてよくやってくれた。CB永坂が(累積警告により)出場停止で心配したが、代わりに入った選手も、前線や中盤の選手もボールを追って相手にプレッシャーをかけていた。永坂が抜けた分をうまくカバーできたと思う。最後まで戦って、逆転できて良かった。(北海道勢初の全国制覇について)嬉しいことだし、一つの殻を破れたと思う。ただ、満足することなくもっと上を目指してやっていきたい」と喜びを語った。札幌は6人が来季トップチームに昇格する。今季は最優秀育成クラブにも輝いた。シーズンの最後、育成年代の充実ぶりを象徴するようなタイトル獲得となった。

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る