【高校選手権】鵬翔、京都橘が初の決勝進出 選手権準々決勝結果

5日、第91回全国高校サッカー選手権大会は準決勝が行われ、第一試合では、星稜(石川)と対戦した鵬翔(宮崎)が、先制しれながらも、2度追いつき、PK戦4-3で初の決勝進出を決めた。第二試合では、2回目の出場の京都橘が優勝候補の一角と言われていた桐光学園を高い個人技からのカウンターで3-0と快勝。こちらも初の決勝進出を決めた。14日、14時5分に国立競技場にて決勝が行われる。

 

 

【準決勝】
(1月12日)
[国立競技場]

鵬翔 2-2(PK4-3) 星稜

[鵬]小原裕哉(31分)、東聖二(83分)
[星]寺村介(13分)、井田遼平(81分)

桐光学園 0-3 京都橘
[京]仙頭啓矢(42分)、小屋松知哉(75分)、伊藤大起(84分)

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る