【静岡県新人戦】 静岡県高校新人サッカー 藤枝東が2年ぶりの優勝

静岡県高校サッカー新人戦の決勝戦が24日、草薙球技場で行われ、両者譲らぬ熱戦となった。
2年ぶりの優勝を目指す藤枝東。初優勝を狙う常葉橘。前半10分、橘は北島がミドルシ­ュート。惜しくもクロスバーの上に外れます。さらに11分、FKから有ヶ谷。常葉橘、­決定機を作ります。藤枝東は前半終了間際、藤原がシュートを放ちますが、GKの正面。­0−0で後半に入ると更に藤枝東のチャンス。後半7分、クリアボールに川本。さらに後­半33分には大村のクロスを小谷。しかしゴールは生まれない。
試合は延長戦でも決着はつかず、勝負はPK戦へ。
決着がついたのは1人ずつ外して迎えた7人目でした。藤枝東の1年生GK長沢がシュー­トを止めて勝負あり。藤枝東が2年ぶりに10度目の新人戦の頂点に立った。

■SBSニュースの映像

 

 

平成24年度静岡県高等学校新人サッカー大会

<決勝>

藤枝東 0―0(PK6-5) 常葉橘

 

<準決勝>

藤枝東 2―0 加藤暁秀

東海大翔洋 1(PK2-4)1 常葉橘

<準々決勝>

藤枝東 3―1 飛龍

加藤暁秀 2―1 袋井

東海大翔洋 3(延長)1 富士市立

常葉橘 2ー1 静岡学園

<2回戦>
・藤枝東10-2浜松東

・飛龍4-3科学技術

・袋井1-0静岡城北

・加藤暁秀2-1清水商

・東海大翔洋2-1清水西

・富士市立3-0静岡高

・静岡学園2-0清水東

・常葉橘2-0聖隷クリストファー



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る