【サカスタ021】FW北川航也(清水エスパレスユース)

P7200325

高校世代NO1のストライカー、素早い動きだし

 

プレミアリーグ第9節、清水エスパレスユースはアウェーで柏レイソルU18に押し込みながら0-1で敗れ、首位をレイソルに明け渡し、2位で前半戦を終えた。
特に後半は圧倒的に攻めながら、得点を上げることはできずショックは大きかった。
しかし、一方で大きな収穫もあった。エース北川航也(3年)の復帰だ。
 
北川は昨年のクラブユース選手権得点王、プレミアリーグイーストの得点ランキング2位、世代別の代表に選ばれ、清水の下部組織最強の逸材と評されており、
今年2月には2種登録されるなど、順調に年内トップデビューも視野に入っていた。
 
しかし、プレミアリーグ開幕前3月のスペイン遠征で負傷、靱帯を損傷し、全治4ヶ月と診断される。清水ユース今年のプレミアリーグ優勝候補の筆頭に上げられていたが、
北川の離脱で、大きな戦力ダウンが懸念された。エース抜きでリーグが開幕すると、チームは開幕5連勝と快進撃を続けリーグで首位に立っていた。チームの躍進は嬉しい反面、
北川本人にも、焦りはあったはずだが、必死でリハビリに励んだ。
 
そして、後半途中から今シーズン初出場。怪我前に比べれば、トップフォームにほど遠い状況であった。昨年のプレミアリーグの流通経済柏戦の圧倒的な存在感と迫力は感じなかった。
しかし、動きだしのタイミングとスピードはさすがで、柏のDFが何度か一瞬で振り切られた。強引なドリブルでゴールを狙ったが、この日はゴールを奪えなかった。
 
北川は試合後のツイッターで、「怪我をしてから今日という日が来るのをずっと待っていました。 待ちに待った公式戦をいい形で終わることができなかったけど。
自分を待っていてくれたサポーター皆さんの応援が本当に嬉しかったです。  得点という形でチームに貢献していきます。 」
と初めて経験する大怪我で、周りのサポートとサッカーができる幸せを感じたのでだろう。
 
ドリブル、動きだし、スピード、クロスへの対応など、FWに必要な要素を高いレベルで持ち合わせている。大きなハードルを乗り越えた北川が、プレミアリーグ後半戦、
Jユースカップで活躍する姿が見られるのが楽しみだ。
 
 
ドリブルでゴールを狙う
 
 
終盤はキャプテンマークを巻いた。
 
 
チーム名 清水エスパレスユース
ポジション FW
背番号 10
サイズ 178cm 75kg
学年 3年
前所属 清水エスパレスジュニアユース
代表歴  U18、U17、U16日本代表


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る