【第93回選手権福井予選】3連覇を目指す古豪丸岡は11発快勝、高校総体出場の福井工大附福井もベスト4進出

 第93回全国高校サッカー選手権福井県大会は10月5日で準々決勝を行った。第1シード・丸岡高は足羽高に11-0で大勝。今夏の全国高校総体に初出場した福井工大附福井高は敦賀高を4-2で振り切った。また、3年ぶりの出場を狙う第2シード・北陸高は合同チームの春江工高・坂井農高・坂井高に8-0で快勝。だが、第4シードの福井商高が啓新高に0-0からのPK戦の末、6-7で敗れている。

 準決勝は10月26日、テクノポート福井スタジアムで丸岡対啓新、福井工大附福井対北陸が行われる。

 

[準々決勝]
丸岡高 11-0 足羽高
啓新高 0-0(PK7-6)福井商高
福井工大附福井高 4-2 敦賀高
春江工高・坂井農高・坂井高0-8 北陸高

[2回戦]
足羽高 2-1 武生工高
啓新高 6-2 敦賀工高
金津高 0-6 福井商高
福井工大附福井高 5-1 若狭高・小浜水産高
敦賀高 11-0 福井高専
羽水高 1-2 春江工高・坂井農高・坂井高
科学技術高 0-17 北陸高



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る