【第93回選手権千葉県予選】決勝、流通経済柏ー市立船橋の展望

 さて、決勝の展開だが、昨年の決勝は市立船橋のFW石田(京都サンガ)に流通経済柏のMF小泉(アレビレックス新潟)をマンマークで付け、ロングボール主体の展開で攻めた流通経済柏といつも通りのパスサッカーを展開した市立船橋の戦いは、後半、コーナーキックからゴールした市立船橋が1-0で勝利した。流通経済柏の本田監督がどんな作戦でくるかが注目だ。
 
 市立船橋は準決勝と同じ守備重視の戦い方でくるばずだ。流通経済柏が準決勝の習志野戦と同じハイプレス、ショートカウンターを展開した場合、試合開始から市立船橋のDFとボランチにプレッシャーをかけ、高い位置でボールを奪い、ショートカウンターで1点を先制して前半を終える。しかし、後半途中から市立船橋が長身の選手を入れ、スタミナ切れした流通経済柏にパワープレーを仕掛け、終了間際に同点に追いつき延長戦へ入る。延長では余力を残していた市立船橋ペースで進むも、勝負はPK戦で決着する可能性もある。
 
 過去10年の公式戦対戦成績をまとめてみた。市立船橋の朝岡監督が就任する2010年までは流通経済柏が圧倒していたが、2011年以降は市立船橋が巻き返している。この10年の両校の戦いを見ても、僅差での決着となりそうだ。
2014年  プレミアリーグイースト後期 市立船橋 1-1 流通経済柏
プレミアリーグイースト前期 2-0
2013年   高校選手権千葉県予選決勝 1-0
高校総体全国決勝 4-2
高校総体千葉県予選決勝 3-2
2012年 高校選手権千葉県予選準決勝 1-1(PK2-4)
2011年  高校選手権千葉県予選決勝 1-0
高校総体千葉県予選決勝 2-2(PK5-4)
2010年    高校選手権千葉県予選決勝 0-1
高校総体千葉県予選決勝 0-2
全日本ユースラウンド16 1-2(延長)
プリンスリーグ関東 0-1
2008年  高校総体全国決勝 両校優勝
高校総体千葉県予選決勝 2-2(PK3-5)
2007年    高校選手権千葉県予選決勝 0-1
高校総体千葉県予選決勝 0-2
プリンスリーグ関東優勝決定戦 3-2(延長)
千葉県新人戦 0-0(PK3-5)
2006年 高校総体千葉県予選決勝 0-1
2005年  高校選手権千葉県予選準決勝 1-2
高校総体千葉県予選決勝 0-1


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る