プレミアリーグチャンピオンシップ2014 柏レイソルU18vsセレッソ大阪U18の展望

プレミアリーグ2014

いよいよ明日、埼玉スタジアムで高校世代の日本一を決めるプレミアリーグチャンピオンシップ 柏レイソルU18vsセレッソ大阪U18が行われる。
今回は試合の展望を占ってみた。

 柏レイソルU18は、今年がプレミア昇格の初年度で初優勝。12勝3敗3分けで、2位に勝ち点10差をつけての圧倒的な優勝だった。特徴はポゼッションサッカーで、ボールを回しながら最終ラインを押し上げ、パスをつなぎながら相手守備陣のギャップを狙い、そこを起点にパスを通して得点を上げる。またパス回しで相手のプレスを交わしながらスタミナを奪う。ボールを持つ時間を長くすることで守備に時間を少なくし、失点を減らすことを意識している。その結果、得点数の多さと失点の少なさもトップである。


プレミアイーストを制した柏レイソルU18イレブン 


主将のDF中山競り合いに強く、DFとMFを高いレベルでこなす


アンカーでの出場が有力なMF手塚、彼の想像力豊かで、正確なパスでチームに決定機を作り出す。

【次ページ】プレミアウエスト優勝のセレッソ大阪U18



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る