第93回全国高校サッカー選手権
青森山田
履正社 〇 
星稜
昌平
鹿児島城西 ▲ 
米子北 ▲ 
 

 北海道大谷室蘭から星稜までがDブロックで、強豪が多く集まる最激戦区のブロックとなった。このブロックは青森山田と履正社の2校を本命に挙げたい。青森山田は今年も全国の強豪が集まるプレミアリーグイーストを今年も残留を見事に果たした。抜群のシュートストップを誇る1年生GK廣末、右サイドを攻守に走り回るDF小笠原、長身のCB菊池、昨年からのレギュラーでゲームメーカーMF山下、テクニシャン野口、プレミアリーグ得点ランキング3位のエースFW丹代と攻守にキーマンが多く、控えの選手も遜色のない実力を持っている。
IMG_1358
 
 対する履正社は高校総体は府予選の初戦で敗退するなど、調子を落としていたが、夏以降はプリンスリーグ関西で連勝を続けて優勝、プレミアリーグ参入戦でも連勝し、来年のプレミアリーグウエストへの参入を決めた。GK安川、DF長尾、安田、小川と昨年の選手権ベスト8を経験した選手が最終ラインを固める。アンカーにはチームの心臓と呼ばれる多田、ガンバの下部組織出身でゴールとアシストで試合を決めるMF牧野、昨年からのエース瀧本と優勝を狙える戦力を誇っている。この両校は順当に行けば3回戦で当たる。両チームは昨年も選手権3回戦で対戦し、PK戦で履正社が勝利している、ここ4年連続で3回戦敗退の青森山田にとって、大きな難関であると言える。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 昨年準優勝の星稜は、今年も優勝を狙える戦力を揃えている。DF鈴木、MF前川、阿部、FW森山と昨年を経験した選手を揃えている。昨年のように決勝まで無失点、準決勝で京都橘を大差で破ったような試合をすれば、悲願の優勝も狙える。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 その他にもプレミア参入戦に参加した米子北、絶対的エースFW野村とMF和田の2枚看板で落ち着いた試合運びをする初出場の昌平、Jリーグジュビロ磐田内定のFW岩元颯オリビエを擁する鹿児島城西、1年生の時から選手権に出場、得点を決めている長崎総科附属のFW安藤もいて、非常に厳しいブロックとなっている。

他のブロックの展望を見る

Aブロック |Bブロック |Cブロック |Dブロック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る