第93回全国高校サッカー選手権
流通経済柏
立正大淞南 〇 
作陽 
尚志
広島皆実 ▲ 
秀岳館  ▲ 
 
 水橋から立正大淞南までがAブロックだ。このブロックの本命は流通経済柏だ。日本最高峰のプレミアリーグに参加している強豪校は、今年2点差をビハインドをひっくり返し、天敵の市立船橋を倒して4年ぶりに選手権の舞台に帰ってきた。FC東京内定のDF小川、MF相澤、FW高沢と全国レベルの選手が揃う。そして県予選でけ3試合連続で決勝ゴールを決めているスーパーサブ福井が控えており全国でもその勝負強さは期待できそうだ。
IMG_3470

 対抗は立正大淞南だろう。高校総体ベスト16、プリンスリーグ中国を制覇した。昨年、広島へ入団した 高橋壮也のようなスーパーな選手はいないが、エースナンバー17を背負うFW中島、CBの山本と饗庭は180cmの長身で、守備はもちろんセットプレーでも脅威となる。そして他の選手も全体的にレベルが高い。順当にいけばこの2校が準々決勝で戦い、埼玉スタジアム行きに最も近いと言える。
 
 また、流通経済柏と初戦で対戦する作陽も注目だ。ボランチで作陽のパスサッカーを牽引するMF吉森、トップ下の年代別代表経験があるMF伊藤など波乱を起こす可能性を秘めている。DF森本と星に2年生CBに注目が集まる矢板中央、プリンスリーグ得点王の坂本擁するドリブルサッカーで3年ぶりに選手権に戻ってきた聖和学園は今回も観衆を沸かせるはずだ。
 
 同じくプリンスリーグ東北得点ランキング2位の重戦車FW林やテクニシャン津田がおり、過去最高の力を持つと言われる尚志、J1鳥栖内定のCB笹原とJ2群馬内定のFW大岩2名の活躍で激戦区熊本を制した秀岳館、高校総体で市立船橋に逆転勝ち、今年も高い個人技を持ったMF横路、丸川で安定したサッカーを展開する広島皆実にも注目だ。

他のブロックの展望を見る

Aブロック |Bブロック |Cブロック |Dブロック


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る