【第93回全国高校サッカー選手権ベスト8の歩みと試合の展望】前橋育英vs京都橘

第93回全国高校サッカー選手権

IMG_8060

前橋育英

選手権成績

2回戦:初芝橋本1-0
2回戦:山梨学院1-1(PK6-5)

爆発するか攻撃力!

 2回戦は前評判の高い初芝橋本を1-0、3回戦の山梨学院戦では先制されながら、すぐに同点に追い付き、チャンスを作りながらも追加点が取れずPK戦での勝利だった。得点2点はコーナーからDF宮本の2得点と流れの中から得点はできていない。しかし、ロングパスとショートパスを使い分け、ドリブルも有効に使い、ハマった時の攻撃力は今大会でもトップクラスでケチャップのように大量得点で爆発する可能性も高い。毎年優勝候補と言われながらトーナメント戦に弱く、大事な場面で集中力を欠いて失点して敗退するシーンが多い。山梨学院戦でもそうだが、スピード系やドリブル系の選手に手を焼くシーンが多く、数的優位を作ってディフェンスをする必要がある。

IMG_6619

京都橘

選手権成績

2回戦:第一学院3-0
3回戦:國學院久我山0-0(PK3-1)

3年連続ベスト8の試合巧者

 過去2年に比べ知名度の高い選手はFW中野やMF志知ぐらいで、MF仙頭やDF清水がインフルエンザで欠場する中、無失点でベスト8進出を決めた。米澤監督は久我山戦後に今の戦力でできるかぎりのことをやったという通り、苦しい戦いが続いている。しかしその中でも下級生が台頭しており、欠場中の2人が戻ってくれば戦える。攻守の切り替えは遅いのは気になるが、守りは堅く1年生GK谷田貝も安定している。攻撃は得意の縦への速い攻撃が出せるかにかかっている。強みは監督がその時の選手の状況によって戦術を変えられる点である。

試合の展望

 前橋育英がボール支配し、京都橘はツーラインのディフェンスで猛攻を防ぐ状況が予想される。前橋育英としては早い時間で先制し、守りを固める京都橘を攻撃的にさせることで空いたスペースを使って追加点を狙いたい。京都橘は守りから中野とFW岩崎を使った速いカウンターで点を入れたい。相手はドリブル系選手の速いカウンターには弱いのでチャンスはある。

試合日程

1月5日12:05 フクダ電子アリーナ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る