【サカスタ043】MF佐藤友哉(暁星国際)

初の全国を目指す暁星国際のエース

【千葉県リーグ8節八千代松陰1-4暁星国際】
 
IMG_3303

 高校総体予選最後の千葉県リーグ戦、暁星国際八千代松陰に完勝。その立役者は2得点を上げ、昨年からのチームの背番号10を背負うMF佐藤友哉(3年)だ。
 この日はツートップの1人として試合開始早々、PKを得た暁星国際は、佐藤がGKの動き見ながら冷静にPKを決めた。直後に同点に追いつかれるも、前半40分には左サイドからのクロスをダイレクトで合わせて再度逆転に成功する。チームはその後、後半に2得点を追加し、4-1で快勝した。

IMG_3432  
 佐藤自身はポジションをトップ下やボランチの位置まで下がりボールを引き出していた。ドリブルも上手いが、味方を活かした縦パスやスルーパスでチャンスを演出。そして自らも得点が取れるところが魅力である。守備もファーストディフェンスとして、相手と味方の動きを見て行くタイミングを見極めながらプレスをかけていた。
 
 試合中、表情が変わることがなく、喜怒哀楽が少なく冷静にプレーしている。鹿島アントラーズの柴崎岳に似ている。自分からは声も出すことは少ないが、どちらかと言えばプレーで示しながら回りを引っ張るタイプのように見えた。
 
IMG_3039

 

 昨年の高校総体千葉県予選の準決勝では、名門市立船橋に対し、あと一歩のところまで追い込んだが、残念ながら延長戦に得点され、学校初の全国の舞台を逃してしまった。本人も悔しかったに違いない。
 今年は最高学年となり、市立船橋流通経済柏の牙城を是非とも崩したいところだ。順調にいけば1次トーナメントを勝ち上がり、決勝トーナメントの準々決勝で流通経済柏と対戦する予定だ。そのためには佐藤を中心にがどれだけチャンスを作れるかに注目が集まる。
チーム名 暁星国際
ポジション MF
背番号 10
サイズ 170cm 53kg 
学年 3年
前所属
ジェフ千葉U-15
代表歴  


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る