第39回 日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会 グループリーグA・Bの展望

 グループA

チーム名 出場回数 クラブユース地区予選成績 リーグ戦成績 前回大会成績
名古屋グランパス 20回目 東海地区1位 プレミアリーグウエスト9位 地区予選敗退
モンテディオ山形 7回目 東北地区1位 プリンスリーグ東北6位 グループリーグ敗退
横浜FC 5回目 関東地区10位 神奈川県リーグ1部1位 グループリーグ敗退
町田ゼルビア 8回目 関東地区7位 東京都4部リーグ 地区予選敗退

  4チームすべてのチャンスがある。しかし、有力候補プレミアリーグに参戦する名古屋グランパスだ。攻撃的サイドバックのF吹ヶ、FW森などを擁して、激戦区の東海予選を首位で通過した。モンテディオ山形はプリンスリーグ東北では6位だが、東北予選では、べガルダ仙台を勝利して1位通過を決めている。横浜FCは神奈川県リーグを圧倒的強さで首位を快走、関東予選は10位だが、MF前嶋を中心とした攻撃には注目だ。ゼルビア(前身は町田FC)として初出場となる町田ゼルビアは関東2次予選で鹿島アントラーズユースに勝利、浦和レッズユースに引き分けて7位で予選を通過した。実績的にはどこが通過してもおかしくない状況だ。

 

グループB

チーム名 出場回数 クラブユース地区予選成績 リーグ戦成績 前回大会成績
鹿島アントラーズユース 17回目 関東地区2位 プレミアリーグイースト1位 ベスト16
徳島ヴォルティス 2回目 四国地区1位 プリンスリーグ四国2位 地区予選敗退
カターレ富山 3回目 北信越地区2位 富山県リーグ1部3位 地区予選敗退
V・ファーレン長崎 初出場 九州地区3位 長崎県リーグ2部1位 地区予選敗退

 鹿島アントラーズユースの優位は変わらない。プレミアリーグイーストで首位、関東予選でも2位と安定した実績を残している。DF町田、大里、MF田中、FW吉岡、垣田とタレントも揃っており、昨年のJユース選手権優勝に続いてタイトルに近い優勝候補だ。徳島ヴォルティスが出場の常連だった愛媛FCユースと引き分け、得失点差で2回目の出場を決めた。強化が進むカターレ富山とサガン鳥栖に勝利して初出場となったV・ファーレン長崎は2位狙いで決勝トーナメント進出を狙いたい。

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る