グループC

チーム名 出場回数 クラブユース地区予選成績 リーグ戦成績 前回大会成績
FC東京 15回目 関東地区1位 プレミアリーグイースト5位 準優勝
ヴィッセル神戸 18回目 関西地区4位 プレミアリーグウエスト5位 グループリーグ敗退
サンクFCくりやま 2回目 北海道地区2位 北海道道央リーグ1部リーグ3位 グループリーグ敗退
ファジアーノ岡山 2回目 中国地区2位 岡山県リーグ1部 グループリーグ敗退

  このグループはFC東京とヴィッセル神戸の予選突破が有力だ。FC東京はプレミアリーグでは5位だが、関東予選では首位通過、この時の対戦も含め鹿島には連勝している。DF小山、MF阿部、プレミア得点王の佐藤、FW阿部などタレントが揃っている。対する昨年は優勝候補の筆頭だった神戸だが、今年もタレントは充実している。DF東、藤谷、MF安井、金田などが残っており、優勝できる力は持っている。サンクFCくりやまとファジアーノ岡山の2回出場同士はこの強敵にどこまで対抗できるか注目だ。

グループD

チーム名 出場回数 クラブユース地区予選成績 リーグ戦成績 前回大会成績
サンフレッチェ広島 22回目 中国地区1位 プレミアリーグウエスト7位 地区予選敗退
大宮アルディージャ 11回目 関東地区4位 プレミアリーグイースト2位 ベスト16
セレッソ大阪 20回目 関西地区3位 プレミアリーグウエスト1位 ベスト16
ジュビロ磐田 26回目 東海地区3位 プリンスリーグ東海1位 ベスト8

 強敵4チームが集まった激戦区となった。ここは4チームすべてに可能性がある。筆頭はプレミアウエストで首位を快走しているセレッソ大阪だ。DF庄司、今年の8番を背負うMF丸岡、斧澤 、FW岸本とハイプレスサッカーで優勝候補の一角である。中学世代から注目されている大宮も優勝を十分狙える。GK後藤、MF山田、黒川、FW川田と能力の高い選手が揃う。サンフレッチェ広島は加藤兄弟とFW長沼がレベルの高いプレーを披露している。そして1チームだけプリンスリーグだが、ジュビロ磐田も世代別代表のDF盛岡、MF伊藤などタレントが充実しており、十分予選を突破して昨年のベスト8を上回る可能性がある。

この記事を書いた人

サカスタU18
サカスタU18
サカスタU18の運営者です。高校世代のサッカーが大好きでこの世代にフォーカスしたサイトを作り応援しています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る