【第94回選手権東京都Aブロック予選】高校総体全国ベスト4の関東一が堀越にまさかの延長で敗戦、多摩大目黒は初の西が丘行きを決める!

 第94回全国高校サッカー選手権大会 東京都Aブロックは準々決勝が行われ、高校総体全国ベスト4で本命とされた関東一堀越に延長で敗れる波乱が起こった。関東一は前半セットプレーから先制したが、堀越は後半、同点に追いつくと、延長後半に劇的なFKを決め、逆転で2年連続で西が丘進出を決めた。

 多摩大目黒は、東京実に押されながらも、1点を守り切りベスト4進出を決めた。その他、駒沢大高は都立駒場に5得点で勝利、東久留米総合高も順当にベスト4進出を決めた。準決勝は11月7日に行われ、堀越は多摩大目黒と、駒沢大高は東久留米総合と対戦する。

【準々決勝】(10月18日)
関東一高 1-2 堀越高
多摩大目黒高 1-0 東京実高
駒澤大高 5-0 駒場高
保善高 0-2 東久留米総合

【準々決勝】(11月7日)
堀越高 – 多摩大目黒高
駒澤大高 – 東久留米総合高

■主な高校の直近の成績

チーム 予想 昨年選手権 リーグ戦(8月30日現在) 高校総体 関東大会
関東一 ベスト8 T1リーグ1位 全国ベスト4(都予選優勝) 都予選優勝
堀越   準優勝 T2リーグ9位   ベスト16
多摩大目黒   1回戦 T1リーグ10位   ベスト16
東京実業 ベスト16 T2リーグ1位 ベスト8  
駒沢大高 ベスト8 T1リーグ5位 2次トーナメント1回戦 ベスト16
都立・駒場   ベスト8 T2リーグ8位   決勝トーナメント1回戦
都立東久留米総合 ベスト4 T1リーグ2位 ベスト4 ベスト8



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る