【チーム紹介:埼玉県】武南高校

チームの特色

PB022680

 武南は監督も大山照人氏が日体大を卒業後、就任して約40年。昭和54年に浦和南の県内5連覇を阻止すると、その2年後には全国制覇。以後、現駒大高校の監督である大野氏やマリノスで活躍した上野、鹿島のDFだった室井など多くのスター選手を輩出し、選手権優勝1回、準優勝1回、ベスト4に3回と素晴らしい成績をに残してきた。
 近年は、浦和や大宮などのJ下部組織に優秀な選手が集まり、しばらく低迷の時代を迎えていた。しかし、2012年には下部組織として武南ジュニアユースを立ち上げ、選手の強化を図ってきたことを身に結び、高校総体準優勝を果たした。
 狭いグラウンドに250人近い部員が練習しており、狭い地域でのパスワークなどに力を入れた練習で技術を磨いている。現在でも白と紫のユニフォームを憧れる高校生を後を絶たない。

チーム情報

住所 〒335-0002 埼玉県蕨市塚越2-10-21
監督 大山照人
所属リーグ 埼玉県リーグ1部
サイトURL 武南高校サッカー部ホームページ

主要大会成績

高校選手権 出場14回 優勝1回(81年) 準優勝1回(89年)ベスト4:3回 
インターハイ 出場20回 準優勝1回(12)
高円宮杯 全日本ユース ベスト4:2回

2013成績

インターハイ 本大会1回戦敗退
プリンスリーグ 関東2部4位
高校選手権 県予選ベスト4

 

武南高校に関するニュース

武南高校のニュース一覧

武南高校に関するYahoo知恵袋

[chiebukuro_search keyword=’武南 サッカー’ results=’10’ charnum=’4′]

ページ上部へ戻る