【チーム紹介:神奈川県】麻布大附属高校

IMG_1533

IMG_1533

チームの特色

連動したパスサッカーで近年の神奈川を席巻!
  連動したパスサッカーで注目を集まる神奈川の新鋭校だ。学校の設立は昭和36年、麻布獣医学園の創立70周年記念の一環として麻布大淵野辺高校として創立。平成25年4月から麻布大附属、校名をサッカー部は昭和40年に創部した。昭和52年に石井孝良監督が就任、平成16年からは同校のOBであり。安彦篤、中山和也コーチが就任し、本格的な強化が始まった。
 すると翌17年度に日本代表に選ばれた太田宏介と小林悠を擁して、選手権に初出場し、翌年も神奈川県予選を連覇して出場した。その後平成20年に高校総体に初出場したが、その後は桐蔭学園桐光学園などの強豪が全国大会で結果を残していたため、全国の舞台から遠ざかっていた。
しかし、平成24年の高校総体予選では、1次予選から勝ち上がり、準々決勝では桐光学園を破り、2回目の高校総体出場を決めた。その後、安彦コーチが監督に就任した。翌年にも神奈川県予選を連覇し全国大会5度目の出場を決めた。ユ二フォームのエンブレムには全国大会に出場した5つの星が刻まれている。

安彦監督の緻密な指導
 高校時代は同校でFWとして活躍。卒業後は日本体育大学に入学、総理大臣杯には出場した。その時、元日本代表ジーコ監督の兄、エドゥー氏が創設したブラジルのCFEに入り、トラップの位置や視野の確保などを細かく指導され、現在の指導にも活かされている。本人は大学からのプロを目指していたが、石井前監督に誘われ、母校のコーチに就任した。そして平成24年の夏にコーチから監督に就任、練習では基本技術の練習に拘る。ドリブルやボールの受け方や相手の逆を取る動きを徹底的に反復して行う。

IMG_1928

【次ページ】密集地をポゼッションスタイルで崩す

ページ:

1

2

進路情報

サカスタU-18は次のステージとなる進路情報についてわかる範囲でお伝えします

ページ上部へ戻る