【第92回選手権栃木県予選】矢板中央が1点を守り切り、2年ぶりの選手権出場へ

第92回全国高等学校サッカー選手権大会都道府県予選

 平成25年度第92回全国高校サッカー選手権大会栃木県予選は、決勝が16日、宇都宮市の県グリーンスタジアムで行われた。矢板中央が1―0で宇都宮短大付を破り、2年ぶり5回目の優勝を果たした。

 決勝戦は、堅い守りから攻撃への転換が早い矢板中央と、運動量豊富な選手をそろえる宇都宮短大付の競り合いが序盤から続き、互いに決定機を見いだせない時間が続いた。前半終了間際の38分、矢板中央のMF藤田大輝が放ったゴール前へのフリーキックをDF今泉航季が左足で押し込んで先制。終盤も、攻撃の手を緩めない矢板中央に対し、宇都宮短大付は快足の選手4人を投入したが、好機をものにできず、試合はそのまま終了した。

【決勝】

宇都宮短大附0ー1矢板中央

【準決勝】

真岡0-1宇都宮短大附

佐野日大1-2矢板中央

【準々決勝】

真岡1-0白鴎足利

宇都宮短大附2-0小山西

矢板中央7-1文星付

佐野日大4-0宇都宮

【3回戦】

真岡0(4PK3)0國學院栃木

作新学院0-1白鴎足利

宇短大附1-0鹿沼

真岡工業0-3小山西

矢板中央3-0宇都宮清陵

文星芸大附4-0青藍泰斗

宇都宮4-0今市

大田原0-4佐野日大

 

◆高校サッカー栃木県予選に関する記事

【第92回選手権栃木県予選】高校総体全国ベスト4の真岡が敗れる波乱、矢板中央が佐野日大を逆転で倒し決勝進出!

【第92回選手権栃木県予選】高校総体出場の真岡辛くもPK勝利、佐野日大、矢板中央もベスト8進出

【第92回選手権栃木県予選】組み合わせ決定、真岡、佐野日大、矢板中央の争いか



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る