【インターハイ1回戦】市立船橋 3-1 岡山学芸館|派手さはないが“頑張れる才能”が名門を勝利に導く

「最初からやりたいことがやれるわけではない」と市立船橋・朝岡隆蔵監督が振り返ったように、序盤から自分たちのサッカーができなかった。全国大会初戦というプレッシャーは少なからずあったが、試合の入りは岡山学芸館に分があったと言えるだろう。



記事を読むボタンを押すとタイトルの記事のページへリンクします。
サカスタU18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る